お肌との相性から考えるブランド時計の選び方

お肌との相性から考えるブランド時計の選び方

悩みに悩んで手に入れたブランド時計が、いまいちフィットしない。実際にお店で試着して買ったのに、もしくは、オンラインショップで納得のいくまで問い合わせして買ったのに、なぜか違和感を覚えてしまう……そんな経験はありませんか?
もしかすると、ブランド時計を買う際に、値段やデザインばかりに気をとられてしまっていたのかもしれません。
たとえば腕時計が肌に接する部分、ラグやバックル、ベルト、ケースバック(裏ぶた)にも目を向けてみましょう。これら細かいパーツの基礎知識を知っておけば、相性の良いブランド時計を見つけられるかもしれません。

ラグ付きモデルは、あり?なし??

まずは、ブランド時計の着け心地を大きく左右する「ラグ」について。
ラグというのは、ベルトを結合させるために設けられたパーツのことです。ケース(腕時計本体)にある上下の突起部分です。「アタッチメント」または「ホーン」とも呼ばれます。
ラグというのは、どの腕時計にも必ず付いているわけではありません。
いわゆる「ラグなし」のタイプでは、ベルトをそのままケースに取り付けています。
肌にフィットしやすく、シンプルなデザイン性を重視したモデルとの相性が抜群です。

一方、ラグ付きの場合は、ラグとケースが一括りになっている「一体型」と、ケースにラグを取り付けた「溶接型」があります。
一体型は強度が高く、スポーツウォッチに向いています。
溶接型は装飾性が高く、華やかなドレスウォッチ、格式の高いクラシックモデルに合わせやすくなります。

時計屋さんの手を借りずにご自身で腕時計のベルトを取り替えたい場合は、ラグ付きモデルであることが条件になります。
この場合、一体型や溶接型のラグ幅を計測することになります。
ラグ幅は2本の爪のような部分の距離です。12時側のラグでも6時側のラグでも幅は同じですので、どちらか一方を定規で測りましょう。
ベルトの交換のやり方については、こちらの記事に写真つきで詳しくお伝えしています。

参考サイト ツェッペリン時計のベルトが切れてしまった・・・交換できる?│ZEPPELINの通販店舗 【ツェッペリンスタイル】

Dバックルは、革ベルトの心強いパートナー!

次に知っておきたいのは、「Dバックル」です。
Dバックルとは革ベルトの留め金のこと。革ベルトを金属ベルトの腕時計のようにワンタッチで留められるようにするパーツです。
「ホールディングバックル」「バタフライバックル」とも呼ばれます。
Dバックルの「D」は、英語のDeployment(展開する、配置する)の頭文字からきています。
なぜDバックルが必要なのかというと、革ベルトの着脱の煩わしさを解消してくれるからです。
革ベルトを着用したことがある方は、毎回ベルトを引っ張って穴にピンを通すのが面倒と感じたことがあると思います。ちょっとしたことですが、そんな煩わしさで、お気に入りの時計を引き出しにしまったままのこともあるのではないでしょうか。
でも、革ベルトの着用感は他のベルトでは得られないものです。わざわざベルトの穴に通す必要のないDバックルに付け替えてみてはいかがでしょう。革への負担が非常に軽く、ストラップを綺麗に長持ちさせることもできます。またミリ単位で動かせるため、ちょうどいい着け心地を探しやすくなります。
Dバックルに交換するには、すでについているバックルを一度外す必要があります。Dバックルを購入したあとは、時計屋さんなどに持ち込むか、ご自身でドライバーなどを使って取り替えるというひと手間をかけなければなりません。

ベルトとケースバック(裏ぶた)は、金属アレルギーに注意!

最後に知っていただきたいのが、ベルトとケースバック(裏ぶた)です。
頻繁に腕時計を身につけていると、ベルトやケースバックの素材によって、金属アレルギーを起こす恐れがあります。

金属アレルギーは、「接触皮膚炎」という病気で、身につけた金属が汗で溶け、体内のタンパク質と結合して起こるアレルギー反応です。
溶けだしやすい金属には、ニッケル・コバルト・クロムなどがあり、これらはどれも腕時計でよく使われる素材です。
アレルギーのもとになる「アレルゲン(原因物質)」は、金属単体ではなく、金属と体内のたんぱく質が結合して作られますので、腕時計の金属面が肌にふれる頻度が多くなるほど、アレルゲン(原因物質)が作られる可能性が高くなってしまうのです。
金属アレルギーを心配される方は、アレルギーを起こしにくい素材を選ぶことをお勧めします。

アレルギーを起こしにくい素材には、次の3つがあります。

  • ステンレススティール
  • チタン
  • セラミック

これらの素材の特徴は下の記事で詳しく説明していますので、読んでみてください。

参考記事 ブランド時計の素材は何がおすすめ?こだわりたい人が知っておくべき6つの素材

私たちHAPPYSIDEがお取り扱いしているブランド時計の中でいうと、肌にやさしいモデルとして、エンポリオアルマーニの『AR9502』、スカーゲンの『SKW6429』をお勧めします。どちらの腕時計も、肌に面している部分に「アレルギーを起こしにくい素材」を採用しています。

ブランド時計を肌目線から選んでみませんか?

今回は、ラグ・バックル・ベルト・ケースバック(裏ぶた)といった、あなたの大切な肌にふれる部分から、ブランド時計の選び方を紹介しました。
ブランド時計は、この先何年、何十年とあなたの腕に寄り添うパートナーです。時計と肌の相性についてもきちんと知っておきましょう。
肌がよろこぶブランド時計が見つかるように、私たちHAPPYSIDEもお手伝いさせていただきます。
腕時計に関するお悩みがあれば、お気軽にご相談くださいませ。


こちらの記事もどうぞ
ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ブランド時計を選ぶとき、その時計を身に着けたTPOや服装までをイメージしていますか? その場の雰囲気、流行、

コメントなし
カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

大切なパートナーへの定番プレゼントのひとつが、ペアウォッチです。 ペアウォッチには「ともに、時を刻んでいこう

コメントなし
大切なのはイメージ!? 7つのシーンを想定したブランド時計の選び方

大切なのはイメージ!? 7つのシーンを想定したブランド時計の選び方

あなたは自分に合ったブランド時計を見つけることができましたか? 簡単そうに見えて、なかなかむずかしいものです

コメントなし