これからのブランド時計には、耐磁性能が必要となるのか

これからのブランド時計には、耐磁性能が必要となるのか

あなたの大切なブランド時計が「磁気」による影響を受けているのをご存じでしたか?
じつは、ブランド時計の業界では常識といわれているのですが、精密機械同士には相性があるのです。
パソコンにスマートフォン、タブレット端末など、私たちの身の回りは、ありとあらゆる磁気がたくさんあります。目に見えない磁気への対策について知って、「知らないうちに、ブランド時計の時間が遅れている」「いつのまにか、ブランド時計の性能が悪くなっている」といったトラブルを引き起こさないようにしたいところですよね。
今回はブランド時計の「耐磁性能」について、お話をさせていただきたいと思っております。

どんなブランド時計が、磁気の影響を受けるの?

ブランド時計にはさまざまなタイプがあり、磁気による影響の受けやすさも異なります。

クォーツ式(電池タイプ)のアナログ時計

針を使ったアナログ時計では、磁石でできた「ステップモーター」が使われています。外部からの強い磁気を受けると、時計の進み・遅れ・止まりの原因になってしまうでしょう。磁気から遠ざければ、ステップモーターが復帰します。

機械式時計

内部部品は磁気に弱い性質が目立ち、時計の心臓部ともいわれる「テンプ(ゼンマイの制御装置)」に影響を与えてしまいます。内部に溜まった磁気を逃がさないと、進み・遅れといった原因を解消しにくいでしょう。

クォーツ式(電池タイプ)のデジタル時計

デジタル時計には、磁気の影響を受ける部品がないといわれています。そのため、磁気を受けても変化が起こらないのが強みです。

スマートウォッチ

クォーツ式(電池タイプ)のデジタル時計と同様に、磁気を受けても変化が起こらないといわれています。
かつてのフロッピーティスクは、磁気ディスクの一種であり、磁性体が塗布されたものです。そのため、他の磁気を含む製品が近づくと、データに悪影響を及ぼしてしまうとされてきました。
しかしスマートウォッチをはじめとした、パソコンやタブレットなどのデバイスでは、メモリ領域に磁性体を使っていないとのこと。また、データを消してしまうほどの強力な磁石(消磁装置)というのは、研究施設や政府機関にしか置かれていないそうです。

耐磁性能とは

耐磁時計とは、「磁気への耐性を強化し、さらに第1種あるいは第2種の耐磁性能を満たしている時計」を指します。
「第1種」や「第2種」という言葉、あまり聞き慣れないですよね。これらは、JIS(Japanese Industrial Standard=日本工業規格)によって定められたものなのですが、下で詳しく後述します。ここでは、「ブランド時計には、そういう区分けがあるんだな」程度に考えてもらって構いません。

さて、耐磁性能が付いているブランド時計は、時計本体の裏ぶたに「磁石のマーク」が描かれているか、製品カタログに耐磁性能の旨が記載されています。耐磁性能があれば、仮に磁気を発する製品へ近づけても、ブランド時計の精度を保つことができます。

それでは、一体どうやってブランド時計を磁気から守るのか?

それは、ブランド時計本体に、「軟鉄」という特殊な素材を用いて保護しているのです。
磁化しやすい通常の鉄(硬磁性体)では、別の機器からの磁気にふれると、鉄本来の持つ磁気まで変化してしまい、そのまま元に戻らなくなってしまいます。

一方で軟鉄には、「磁気をいったん内部へと取り込み、その後は外へと逃がす」という性質があります。軟鉄が磁気を内部に取り込んだ際に、通常の鉄(硬磁性体)と同様、自身の磁気を失います。しかし、磁気を外へと逃すことで、軟鉄本来の磁気が再び戻っていくのです。
ブランド時計を軟鉄で覆うと、身のまわりに磁気があってもそこまで影響を受けなくなります。いわゆる「磁気帯び」をしなくなるので、たとえばスマートフォンとブランド時計の距離を神経質になりながら離さなくて済むようになるでしょう。

JIS規格の耐磁性能

上で出てきた「第1種」「第2種」の説明です。
時計がどのくらいの磁気に耐えられるかについては、日本工業規格『JISB7024耐磁携帯時計一種類及び性能』に規定されています。磁気性能のあるブランド時計は、この規定をもとに設計されています。

第1種耐磁時計

磁気に5cmまで近づけてもほとんどの場合性能を維持できるレベル。
また、「時計を4,800A/m(JIS保証水準)の磁界にさらして、一日45秒以上の誤差を生じないこと」も定義とされています。
※1A/mとは、100W(ワット)の直流電流を流し、それによって生じる磁気の強さです。

表記方法

MAGNETIC RESISTANT 4800
(注:4800は表示しなくても可)

第2種耐磁時計

磁気に1cmまで近づけてもほとんどの場合性能を維持できるレベル。
また、「時計を16,000A/m(JIS保証水準)の磁界にさらして、一日45秒以上の誤差を生じないこと」も定義とされています。

表記方法

MAGNETIC RESISTANT 16000

非耐磁時計

耐磁時計以外でも基本的に満たされるレベル。
1990年までの輸出検査で行われていた基準値をもとにしており、「JIS保証水準1,600A/m」が定義づけられています。

これらを簡単に申し上げますと、次のとおりです。

  • 第1種耐磁時計と認定されれば「一般的な精密機器を、5cmまで近づけてもOK」
  • 第2種耐磁時計と認定されれば「一般的な精密機器を、1cmまで近づけてもOK」
  • それ以外は非耐磁時計と認定されるが、どのブランド時計にも「第2種耐磁時計の10分の1程度、耐磁性能あり」

ちなみに「超耐磁」といえるブランド腕時計は、40,000~80,000A/mにも耐えられるといわれています。
「IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニーInternational Watch Company)」というスイスの時計メーカーには、次の2つの超耐磁ブランド時計があります。

  • 『インヂュニア』 → 40,000A/m
  • 『パイロットウォッチ』 → 80,000A/m

日常生活では、ここまでの耐磁性能は必要ないのかもしれません。ただ、周囲に「IoT:Internet of Things(モノのインターネット)」や「AI:Artificial Intelligence(人工知能)」がますます増えてくると、超耐磁ブランド腕時計に注目が集まるかもしれませんよ。

ISO規格の耐磁性能

上では日本が定める「JIS規格」で、耐磁性能の定義をお伝えしました。
ところが実は、耐磁性能の定義にはもう一つ、世界が定める「ISO(国際標準化機構)の規格」が存在します。

ISO規格の耐磁性能

一般の時計:20ガウス(約1,600A/m)
ダイバーズウォッチ:60ガウス(約4,800A/m)

JIS規格の耐磁性能

非耐磁時計:20ガウス(約1,600A/m)
第1種耐磁時計:60ガウス(約4,800A/m)
第2種耐磁時計:200ガウス(約1,6000A/m)

※1A/mは80ガウスに換算されます。

JIS規格とISO規格を比べてみると、「一般の時計=非耐磁時計」「ダイバーズウォッチ=第1種耐磁時計」ということのようです。ダイバーズウォッチとは、いわゆる潜水用の防水時計のこと。水泳をはじめとし、素潜りやスキューバダイビングなどでも使用できるモデルを指します。

関連記事 ブランド時計の「防水機能」数値の考え方

身の回りの磁気を発生させる機器と時計への影響

磁気の性質として、次の法則を覚えておくと便利かもしれません。

「磁気の強さは距離の2乗に反比例する(クーロンの法則)」

これにより、磁気を発生する製品から時計を離せば離すほど、磁気による影響は小さくなります。ブランド時計は磁気に弱い製品であり、磁気を発生させる機器からはできるだけ近づけないといわれるのも、物理的な法則が働いているからなのです。

ご参考までに、一般社団法人日本時計協会の「身の回りの磁気を発生させる機器と時計への影響」を載せておきます。

機器(直流) 時計との距離 一般時計 1種耐磁時計 2種耐磁時計
イヤホンのスピーカー 0cm × × ×
1cm
5cm ○</td align=”center”>
携帯電話・スマートフォン、マイク、ヘッドフォン、オーディオプレイヤー、パソコン・タブレット、電子辞書・ポケットラジオなどのスピーカー
ハンドバッグの磁石部分
0cm × × ×
1cm</td align=”center”> ×</td align=”center”> ×</td align=”center”>
5cm</td align=”center”> ○</td align=”center”> ○</td align=”center”>
タブレットカバー
健康磁気製品
0cm × × ×
1cm</td align=”center”> × × ×
5cm</td align=”center”> ×
機器(交流) 時計との距離 一般時計 1種耐磁時計 2種耐磁時計
IH調理器 0cm × × ×
1cm × × ×
5cm ×</td align=”center”> × ×
電気かみそり 0cm × ×
1cm ×
5cm ○</td align=”center”>
ACアダプター 0cm
1cm
5cm ○</td align=”center”>

※注意)時計は磁気に弱い製品です。上記以外の磁気を発生させる機器にもできるだけ近づけないでください。

耐磁時計の豆知識

磁気を意識してブランド時計を選びたい方へのアドバイスをまとめると、以下のようになります。

  • クォーツ式(電池タイプ)のデジタル時計を買ってみる。
  • 耐磁性能(磁石のマーク)が付いているブランド時計を探してみる。
  • ダイバーズウォッチのような、第1種耐磁時計(精密機器を5cmまで近づけてもOK)に買い替えてみる。
  • さらに磁気に強い、第2種耐磁時計(精密機器を1cmまで近づけてもOK)を検討してみる。
  • 非耐磁時計(一般時計)でも、ある程度の耐磁性能が備わっているから、買い替えない。ただし、普段の生活で磁気に近づけないように注意する。
  • 磁気がますます身近なものになるのを見越して、超耐磁ブランド腕時計を用意しておく。

ブランド時計における耐磁性能の問題をどうするのかということは、人によって考え方が大きく違います。磁気によって時間の進み・遅れ・止まりが起こるのであれば、自らが磁気から遠ざければいい。そうやって考える人もいれば、どれだけ磁気に近くても気にする必要のないブランド時計が欲しいと思う方もいるでしょう。
「最近、何だかブランド時計の調子が悪いな……」と感じたときには、見えない相手である「磁気」を意識してみるといいかもしれません。


こちらの記事もどうぞ
あなたの手首の変化に気づいてくれる人はいますか?

あなたの手首の変化に気づいてくれる人はいますか?

新しいブランド時計を買ってみた。 話題のオシャレな…

コメントなし
ブランド時計はどこで買うべき?正規店・並行輸入店・中古販売店の正しい使い分けとは

ブランド時計はどこで買うべき?正規店・並行輸入店・中古販売店の正しい使い分けとは

ブランド時計に関心をおもちの方は「正規店」と「並行…

コメントなし
ブランド時計が似合う人になりたい!

ブランド時計が似合う人になりたい!

自分に似合うブランド時計が欲しい、というのは誰しも…

コメントなし