大切な輝きを保つためのブランド時計のお手入れ方法

大切な輝きを保つためのブランド時計のお手入れ方法

ようやくお手元に届いたブランド時計、その美しさはいくら眺めても飽きることはないでしょう。
腕時計の美しさをいつまでも保つためには、「腕時計のお手入れ」をきちんと行う必要があります。
もうすでにブランド時計をお持ちの方に伺います。あなたが最後にお手入れをしたのはいつでしたか?もしかしたら、「時計の掃除なんて一度もしたことがない」というものぐさな方もいらっしゃるかもしれませんね。
大丈夫、今ならまだ間に合うかもしれません。
ブランド時計の手入れ方法をマスターして、人生を豊かにしてくれる、あの輝きをいつまでも大切にしましょう。

サビが発生すると、ブランド時計の輝きが失ってしまう

ブランド時計は、丸1日身に着けているだけで、汗やホコリなどで意外と汚れてしまうものです。家に帰って何もお手入れせずに元の位置に戻す……そんな悪い癖が抜けないと、ブランド時計に大きなダメージを与えてしまうことになるんですよ。

特に注意しなければいけないのが、ベルトの素材がステンレスのブランド時計です。
腕時計でよく用いられているステンレスは、もともとはサビを防ぐ効果のあるものです。ステンレスに酸素がふれると、保護の役割をする膜(保護被膜)を形成します。しかし、お手入れをせずに汚れやホコリが溜まっていくと、保護被膜を形成しなくなり、サビ始めてしまうのです。
もちろん、数日放置しただけでステンレスが劣化してしまうわけではなく、サビは、ある程度の時間をかけて、少しずつあなたのブランド時計を蝕んでいきます。ちょっと面倒だという気持ちに負けず、きちんとステンレス部分のお手入れをすることを忘れないようにしましょう。

お手入れをせずにブランド時計を使っていると、壊れやすくなる

リューズの根元も、汚れが溜まりやすいとされています。
リューズは、時計盤の横部分に付いている、引っ張ったり回したりできる部分です。時刻やカレンダーなどを変更するときに操作するもので、機械式時計では、ゼンマイを動かす大事な部品でもあります。ここに汚れが溜まり過ぎると、リューズが閉じられなくなってしまいます。
万一、リューズを閉じるのを忘れ、開きっぱなしで時計を使っていると、そこから水分が侵入し、故障しやすくなります。こうなってくると、分解洗浄や整備が必要になり、最悪の場合、部品交換しなければならなくなる羽目に。
日頃のお手入れがいかに重要か、お分かりいただけたでしょうか?

いつまでも輝きを保つためのキーアイテム「セーム革」

ブランド時計のお手入れをするときには、布を1枚用意しましょう。
パソコンの画面を拭くときに使う柔らかい布でもかまいませんが、ブランド時計には、宝石や貴金属などを磨くための「セーム革」をぜひ使ってほしいと思います。
セーム革というのは鹿の皮を植物油でなめしたものです。抜群の耐水性と繊維の細かさが特徴で、「みがき革」の役目を果たしてくれます。ホームセンターや腕時計専門店などに行けば簡単に入手できます。私たちHAPPYSIDEでも、ツェッペリンのブランド時計をお買い上げのお客様にかぎり、購入特典としてセーム革を無料進呈しています。

セーム革の使い方は、何もつけずに、そのままブランド時計本体やベルトを拭くだけです。とてもソフトな触り心地ですが、優しく拭き取るだけでも、手あかなどの汚れを一気に取り除いてくれます。セーム革が汚れてきたら、石鹸や中性洗剤で洗えば、繰り返し使用できます。

裏側まで念入りに拭いたら、自然乾燥を!

ブランド時計ではさらに、リューズの根元をはじめ、ベゼル(ガラス周り)やラグ(ケース上下の突起部分)といった細かな部分も手入れしなければなりません。確実にブランド時計の汚れを落とすのであれば、手入れの順番を決めておくといいでしょう。

特に、「裏ぶた」を丁寧に拭くように心がけてください。裏ぶたには皮脂などの汚れが付着しており、サビが発生しやすい場所です。
上でも述べたとおり、ステンレスは、酸素がふれると保護被膜を形成し、汚れから守ってくれます。裏ぶたまできちんと拭いた後に自然乾燥させることで、ブランド時計にサビがつきにくくなります。たまにドライヤーで乾かす人もいますが、時計内部の機構が高温になってしまい、故障の原因になってしまうので自然乾燥がおすすめです。

革のベルトから嫌な匂いがする前に……

革のベルトに関しても、お手入れが重要です。

「毛細管現象」という言葉を聞いたことがあるかと思います。たとえば、紙の先端に水が触れると、スーッと広範囲にわたって濡れていきますよね。このように、繊維と繊維の間にくまなく入り込み、繊維そのものも膨張させる現象のことをいいます。
革のベルトも、この「毛細管現象」を起こす性質があります。ちゃんとお手入れしていない革ベルトのブランド時計を腕に着けていると、汗がどんどん染みわたって蓄積し、菌がその汗の成分を分解することで、いやな臭いが発生します。さらに湿気まで加わると、カビが繁殖しやすい環境にもなってしまうのです。

日々のお手入れではベルトをつけたままセーム革で拭きますが、革のベルトの臭いが気になり始めたら、いったんベルトを腕時計本体から外して、中性洗剤で手洗いしましょう。その後は風通しの良い、光の当たらない場所で干しておきます。ドライヤーなどで急に乾燥させると、革が収縮をおこし、逆に劣化をおこします。時間がかかってもいいので、「陰干し」を心がけましょう。乾いたらエタノールを吹きかけて殺菌し、革用クリーナーを使用すれば、汚れも臭いもほとんど消えているでしょう。

ステンレスベルトのほうが、お手入れしやすい

革ベルトは手入れがちょっと面倒くさい、という方には、ステンレスベルトをおすすめします。HAPPYSIDEでは交換ベルトも取り扱っておりますので、革のベルトをステンレスベルトに替えたい方は、お気軽にご相談ください。

ステンレスベルトならば、コマ(ブレスレットを構成する金属片)の間に汗などの水分が入っても、その日のうちにセーム革で拭き取れます。素材に水分が染み込みすい革のベルトよりも、お手入れがしやすいのではないでしょうか。

ただし、コマは1つずつ丁寧に拭くことを心がけてください。面倒なようですが、ベルトについているコマの数はわずか15個程度ですから、一つひとつ拭いても、たいした時間はかかりません。「たったの数分でこんなにきれいになるのか!」という驚きが、時計を手に入れたときの感激を忘れず、毎日のお手入れを習慣づけるきっかけにもなるでしょう。

細い綿棒を使えば、細かい汚れまで除去できる

上で説明したように、普段のお手入れでは、柔らかい布やセーム革を使うことで、たいていの汚れを落とせます。しかし、隙間に入ったホコリまでは完璧には取り除けません。
そんなときは、細い「綿棒」を使ってみてください。バックル(ベルトの留め金)などに詰まった汚れまで、きちんとかき出すこと。その手間を惜しまないだけで、ブランド時計がより美しく、輝いて見えてくるでしょう。

細い綿棒の代わりに、つまようじでもOK

綿棒でも汚れがうまく取り除けないような場合には、さらに細い「つまようじ」を使ってみるのもおすすめです。
「先端の尖っているつまようじを使ったら時計に傷をつけてしまうのでは……?」と心配になる方もいるかもしれませんね。
じつは、ブランド時計のステンレスは医療用の特殊なものであり、耐久性に優れているのです。しかも高価なブランド時計ほど、ステンレスの10倍以上も硬いといわれるセラミックを採用しています。つまようじでよほど力強く引っかかないかぎり、傷がつく心配はありません。

ブラッシングには、豚の毛ブラシ

豚の毛を使ったブラシというものがあるのをご存じですか?
とても柔らかく、手で触ると、その気持ちよさに癖になってしまいそうな素材です。これを使えば、ブランド時計の汚れも優しくかき出してくれるので、持っておいて損はないでしょう。ブラッシングすることで、簡単に、しっかりと汚れを落とせます。とくに、リューズの根元などを掃除するときに便利です。
お近くのホームセンターでも入手できるかもしれませんが、見つからない場合は、検索すれば、取り扱っている通販サイトがすぐに見つかります。ブランド時計の手入れには小さいもので十分であり、予算としては1,000円程度で買えるでしょう。
どうしても手に入らない場合は歯ブラシでもかまいませんが、柔らかめのものを選んでください。

ブラッシングと視線は、角度が重要!

ステンレスベルトのコマの汚れを落とす際にも、ブラッシングが役に立ちます。とはいえ、むやみやたらにブラッシングしても、隅々まではきれいになりません。ブラシの角度を変えながら、上下左右に意識して動かしましょう。また、いろいろな角度から時計をチェックすれば、汚れに気づきやすくなります。

大切な輝きを保つためのブランド時計のお手入れ方法 まとめ

ブランド時計のお手入れでは、次の4点グッズをそろえるところから始めてみましょう。

  • セーム革(もしくは柔らかい布)
  • 綿棒(先は細い方がおすすめ)
  • つまようじ
  • 豚の毛ブラシ(手に入らない場合は柔らかい歯ブラシ)

買ったときの輝きを保つためには、毎日ほんの少しの時間を割いて、ブランド時計をきれいに拭いてあげてください。その日の汚れは、その日のうちに落とす。当たり前のことかもしれませんが、意識しないと、ついやらなくなってしまいます。
大切なブランド時計の輝きを守るために、1日の終わりに時計と向き合う時間をつくることは、きっとあなたの毎日を充実させてくれるはずです。


こちらの記事もどうぞ
ツェッペリンの腕時計ってどうかな?と迷ってしまったあなたのために、その魅力を語り倒します!

ツェッペリンの腕時計ってどうかな?と迷ってしまったあなたのために、その魅力を語り倒します!

ツェッペリンの腕時計って、周りからどう思われているのだろう。 ドイツミュンヘンで誕生したウォッチブランド『ツ

コメントなし
ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ブランド時計を選ぶとき、その時計を身に着けたTPOや服装までをイメージしていますか? その場の雰囲気、流行、

コメントなし
カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

大切なパートナーへの定番プレゼントのひとつが、ペアウォッチです。 ペアウォッチには「ともに、時を刻んでいこう

コメントなし