ブランド時計が似合う人になりたい!

ブランド時計が似合う人になりたい!

自分に似合うブランド時計が欲しい、というのは誰しもの願いですが、一見簡単そうに思えて、意外と難しいものです。
ファッション全般でみても、「好きな服」と「似合う服」は違うといわれます。主観的な気持ちだけでは本当に似合うものをなかなか見つけられないものなのです。
それでは、一体どうすればいいのか?
地道かもしれませんが、世間一般のイメージをまず理解し、気になるモデルを自分で実際に身につけてみることです。性別や世代ごとの印象に沿ってブランド時計を探してみると、案外早く「ブランド時計が似合う人」に近づくかもしれませんよ。

男性は、シンプルなデザインのブランド時計が似合いそう

一般的に、男性からも女性からも好感を抱かれる男性は、紳士的であるものです。
では、紳士的な男性とはどのような人でしょうか。単に「成人の男性」を指す場合もあれば、「上品で礼儀正しく、教養の高いりっぱな男性」という意味で使われることもあります。落ち着きがあって、優しく、嫌味を感じさせる悪目立ちをしない、といったイメージでしょうか。
目立とうとしないのに、どこか惹かれるものがある。そういったイメージを周囲に与えたいのなら、落ち着きのあるファッションに、シンプルなデザインのブランド腕時計を身につけてみることをおすすめします。
例えばスーツにスカーゲンの時計。スカーゲンはデンマークの時計ブランドであり、「デザインの美しさと品質の高さは、必ずしも高価である必要はない」という理念があります。飾らない良さで愛されるのがスカーゲンの時計です。スーツが与える清潔感と組み合わせることで、気品の高い男性に見られるようになるかもしれません。

参考商品メンズ/SKW6078/ブラックダイアル/チタニウム/デイデイト表示/シルバーステンレスベルト
メンズ/SKW6078/ブラックダイアル/チタニウム/デイデイト表示/シルバーステンレスベルトブラックダイアルの中央に1分刻みで印字されたバーインデックスが良いアクセントになっていて、引締め効果とスタイリッシュさを際立たせているスカーゲンのメンズモデル(^^)
デイデイト表示についても曜日がレッドカラーにすることで視認性とデザイン性の両方を見事に獲得しています。
シルバーのメッシュベルトは腕にもよく馴染み、着用感も上々。
黒文字盤にシルバーステンレスという王道スタイルなのでビジネスシーンにも最適です♪
とてもシンプルですが、適度なアクセントになる施しが目を引くメルビシリーズのSKW6078。
男性らしさも感じられるデザインなので、プレゼントとしても重宝できる腕時計です(^^)

その日の気分でブランド時計を使い分けられるのは、女性ならでは?

女性の手元を飾るのにふさわしいのは、可愛らしいブランド時計だけではありません。あるときは装飾性の華やかなモデル、またあるときはスポーティな清潔感のあるモデルが似合う場合があります。実用性の高い腕時計を身につけて、手際の良さをアピールしたいときもあるかもしれません。
気分や感情をブランド時計で表現するというのは、広く大きなことに目が行きがちな男性にはなかなかむずかしいもの。女性のほうが細やかな心配りが得意だといわれており、その日の気分でブランド時計を使い分けることも容易いのではないでしょうか?

柔軟で最先端を好む人の腕にはウェアラブル端末のスマートウォッチが似合う

iPhoneで有名なアップルは、2018年9月21日に『Apple Watch Series 4』を日本向けに発売いたしました。
参考サイト Apple(日本)

新しいテクノロジーに敏感で、柔軟に取り入れることを好む人々にとっては、長い歴史をもつブランド時計よりも、ウェアラブル端末のスマートウォッチのほうが使いやすいかもしれませんよ。

関連記事 スマートウォッチとブランド時計

こだわりを語れる30代は、ブランド時計をより良く見せる

何かと苦労の多い20代を終え、少し余裕が出てきた30代。自分へのご褒美にと、思いきって高級ブランド時計を手に入れてみたい方もいるのではないでしょうか。高級ブランド時計を身に着けると、自分がさらに大人になったように感じることができるでしょう。「手に入れた時計にふさわしい人間になりたい」という成功願望も芽生えるかもしれません。
ただ、何十万もする高価なブランド時計だけが30代で似合うというわけでもありません。数万円で買えるブランド時計でも、ある選び方をすれば周囲から「似合いますね」と言ってもらえるはず。
その選び方とは、こだわりです。仕事でも慣れが出てくるのが30代という年齢。自分の中に人生の教訓やこだわりが見えてきた頃ではないでしょうか?どんな考え方をしていて、誰に憧れているのか。そんなことを語るあなたの人柄を腕時計で表現してみませんか。

ファッション業界で最も権威のあるブランド「アルマーニ」を立ち上げた、ジョルジオ・アルマーニ氏。彼は人生に対しても、ブランド時計をはじめとするジャケットやスカートといったファッションに対しても、常にこだわりを持ち続ける人物です。

「現時点で仕事より大切なものはない。もはや、成功していない自分なんて受け入れられないね。毎日、いまより1センチでも高いところに到達しようと挑みつづけ、ほぼすべてのエネルギーを仕事に注いでいるんだ」
「時代を左右するほどの作品の前では批判など無力だからね」
「社交的な成功に惑わされてはいけない。そこで成功するのは簡単さ。自分を露出するだけでいい」
「僕の生き方なんだ。冷たさを感じさせない、無垢でシンプルな、創造の礎となるものを身のまわりに置いておきたい」

(『ジョルジオ・アルマーニ 帝王の美学』レナータ・モルホ、日本経済新聞出版社)

腕時計のブランド名を聞かれることがあったら、それを作った人々のこだわりを一度語ってみるのも悪くはありませんよ。

40代では、ブランド時計をいくつも使い分けられるように

40代を迎えると、さらに生活も落ち着き、会社で責任のある役職につく人もいるでしょう。仕事の都合でフォーマルな場に呼ばれる機会も増え、家族がいれば週末のお出かけや旅行のカジュアルな服装にも気をつけるようになります。
この年代には、そういった様々なシーンに合わせられるブランド時計を複数持っておくことをおすすめします。つい、若かったときと同じように、いつも同じ格好で過ごしてしまっていませんか?そんな人でも、手元の腕時計を変えるだけでも、「おしゃれに気を配っている人」というイメージをもってもらえるかもしれません。
数十万円のブランド時計を何本も買う必要はありません。今はスワロフスキーなどの有名ブランドも、数万円から買える時代です。見た目のチープさを感じないモデルが多く、私たちHAPPYSIDEが取り扱っているブランド時計でも、お客様の満足のいく商品ばかりを取り揃えております。もしいくつか選んでほしいといったご要望があれば、遠慮なくおっしゃってください。

50代・60代になったら、クラシカルなデザインがより良く見えることも

若い頃からブランド時計に興味があった方にも、50~60代になってから急にブランド時計が欲しい気持ちが芽生えた方にも、一度は試してほしいのが「クラシックデザイン」です。
世代を重ねるごとに、これまでの自分では表現しきれなかった“貫禄”が垣間見えてきます。
もしクラシックデザインのブランド腕時計をお探しであれば、1987年にドイツのミュンヘンで誕生した、ウォッチブランド『ツェッペリン』はいかがでしょうか。ツェッペリンでは、20世紀のドイツの飛行船をモチーフにしています。クラシックながらも、どこか未来を感じさせるロマンが詰まったプロダクトデザインであり、世界中で人気を集めています。コストパフォーマンスにも優れており、ラインナップが豊富に揃っているのも魅力です。

誰にでも当てはまる?腕時計ケースの選び方

最後に、腕時計のケース(本体部分)の選び方について、おぼえておきたいテクニックを紹介しますね。

ラウンド

時計の形といえば、丸型。ラウンドは丸い円を描いているケースであり、文字盤が見えやすいのが特徴です。フォーマルシーンからカジュアルシーンまで幅広く活用できるので、一つでも持っておくと便利です。

参考商品【2018年新作】ツェッペリン腕時計/7108‐4/ LZ120 ローマ /ホワイトダイヤル/ブラウンレザー
【2018年新作】ツェッペリン腕時計/7108‐4/ LZ120 ローマ /ホワイトダイヤル/ブラウンレザーとてもシンプルなデザインの中に洗練された上品さを感じるLZ120ローマシリーズの新作、7108‐4が登場です(^^)/
ラウンド型のスッキリとしたホワイトカラーのダイヤルに、清潔感漂うブラウンレザーのベルト。
一見するとごくシンプルな腕時計ですが、ツェッペリンらしいレトロ感を感じられるのは、随所にさり気なく散りばめられた上品なデティールが要因です◎
まず目に入るのは、6時の位置で存在感を放つムーンフェイズ。
ムーンディスクが月齢の経過とともに動き、文字盤に配された小窓からその姿を現します。
小窓左側から月が顔を出して上弦となり、12時位置で満月に達し、そして右側に隠れていく。
その後、新月を含む月が見えないときは窓に隠れ、やがてまた左側から顔を出します。
とてもロマンチックですよね(^^♪
眺めているだけで満ち足りた気持ちになるとても素敵な機能です。
シンプルにまとまっているからこそ様々なシーンにマッチするので、デイリーユースはもちろん、少しオシャレをした特別な日にも腕元をさり気なくスタイリッシュに彩ってくれる、特別な一本になること間違え無しです♪

オーバル

楕円型のケース。レディースのブランド時計に多いとされ、中性的な男性にも似合う形といえるでしょう。

参考商品【2018年新作】シルバーダイアル/ホワイトレザーベルト/5376812/ステラ
【2018年新作】シルバーダイアル/ホワイトレザーベルト/5376812/ステラパヴェクリスタルで装飾されたオーバル型のラグが、ゴージャスで女性らしい可愛らしさを感じさせてくれるスワロフスキーの腕時計(^^)
キラキラとしたシルバーのサンレイ仕様文字盤が白ベルトによって強調され、爽やかさに拍車がかかります。
端正で美しさに溢れたステラシリーズの5376812。
白とシルバーの組み合わせなので、どんなシチュエーションにもフィットします♪

スクエア

正方形のケースであり、フランス語で正方形を意味する「カレ」とも呼ばれます。豪華なイメージと、スポーティなインパクトを兼ね備えた形です。

参考商品エンポリオアルマーニ腕時計/メンズ/AR11072/ブルーダイアル/モダンスクエア
エンポリオアルマーニ腕時計/メンズ/AR11072/ブルーダイアル/モダンスクエア深みのあるサンレイ仕上げのブルーダイアルが、知的で上品な印象のエンポリオアルマーニ腕時計(^^)
スクエアフェイスがこなれ感を演出していて、格上げ効果を大いに発揮してくれます。
38mm×38mmのちょうどいいサイズ感は、装着感も良く腕元がごわつく事がない実用性においても申し分のないAR11072♪
7時と8時位置の間に斜めに配されたデイト表示もインパクトがあって目を引きます。
文字盤の内側にはスクエア状にバーインデックスを配置。
視認性も上々です。
デザイン、使い勝手共にワンランク上のモダンスクエアシリーズ。
おすすめです(^^)

レクタンギュラー

長方形のケースは、すらっとしている雰囲気が、上品で知的なイメージを与えてくれます。モデルによって「縦の長さ」と「横の長さ」がそれぞれ違うので、選ぶときには注意してください。

参考商品レディース/SKW2464/シルバーダイアル/ハーゲン/レクタンギュラー型/ブラウンレザーベルト
レディース/SKW2464/シルバーダイアル/ハーゲン/レクタンギュラー型/ブラウンレザーベルトレクタンギュラー型のSKW2464は、クラシカルかつ品のある腕元を実現してくれるスカーゲン腕時計のレディースモデル(^^)
バーインデックスにバーハンドというミニマルな仕上がりに、シルバーダイアルがより洗練された印象を加味してくれます。
30g程の超軽量タイプなので、長時間つけていても疲れてしまう・・・という事がありません。
デイリー使いにも最適なハーゲンシリーズです。
プライベートだけではなく、仕事時の腕時計としても最適なおすすめの一本。
適度な主張をしてくれるデザインがいいけど、どんなファッションにも合う腕時計が欲しい・・・
そんなそんなあなたに是非とにとっていただきたいスカーゲン腕時計です(^^)

トノー

樽を意味する、フランス語の「トノー」。レクタンギュラーよりも丸みを帯びたデザインであり、どこか遊び心を感じます。

参考商品エンポリオアルマーニ腕時計/メンズ/AR0347/ブラックダイアル/クラシック/クロノグラフ
エンポリオアルマーニ腕時計/メンズ/AR0347/ブラックダイアル/クラシック/クロノグラフトノーケースのクラシカルさにブラックレザーベルトがいいアクセント効果を発揮(^^)
文字盤のギョーシェ模様はインダイアルを強調していて高級感満載です。
仕事時に着用することでワンランクアップした自分に出会えるアルマーニ時計。
プレゼント用としても人気が高いモデルです♪

イメージを参考にしつつ、個性のあるモデルを探そう

ほかにも、体格の良い人ならケースサイズが大きいものを、逆にスマートな見た目の人ならケースサイズが小さいもの、という選び方があります。バランス良く見えるコツは、「手首幅に対して、6~7割のケースサイズ」といわれています。ぜひ参考にしてみてください。
「時間を気にせずに過ごす」といった意味で、冠婚葬祭や式典で秒針のないブランド時計(2針のブランド時計)を選ぶのもいいでしょう。
ただ、さまざまな条件を満たそうとすると、さんざん悩んだあげく、個性のないモデルになってしまいがちです。やはり理想なのは、自分に合ったブランド時計を地道に見つけること。的外れにならない程度に、性別や世代ごとのイメージを知っておくことは無駄にはならないでしょう。


こちらの記事もどうぞ
ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ブランド時計を選ぶとき、その時計を身に着けたTPOや服装までをイメージしていますか? その場の雰囲気、流行、

コメントなし
カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

大切なパートナーへの定番プレゼントのひとつが、ペアウォッチです。 ペアウォッチには「ともに、時を刻んでいこう

コメントなし
大切なのはイメージ!? 7つのシーンを想定したブランド時計の選び方

大切なのはイメージ!? 7つのシーンを想定したブランド時計の選び方

あなたは自分に合ったブランド時計を見つけることができましたか? 簡単そうに見えて、なかなかむずかしいものです

コメントなし