ブランド時計を安全に手に入れるためのオンラインショップの9つの見抜き方

ブランド時計を安全に手に入れるためのオンラインショップの9つの見抜き方

街を歩いていて、前から欲しかったブランド時計を偶然見かけたとします。見たことも聞いたこともないお店でしたが、あなたは気にせず店内へ。商品を見せてもらい、店員と会話をしていくうちに「ここなら安心して買物ができそうだな」と感じるようになるかもしれません。
しかし残念ながら、通販サイトではそれが通用しません。
検索して、たまたま上位にヒットしたオンラインショップ。サイトにアクセスして、値段やラインナップに惹かれて……さて、その後に一体どうすれば「安心」できるでしょうか。

【その1】価格が他のショップと比べて安過ぎないか?

もしそのショップでの価格づけが「破格」であっても(いや、「破格」だったらなおさらのこと)、いったん冷静になって考えてください。
一体、なぜ、そんなに価格が安いのでしょうか?
「コピーブランド」「スーパーコピー」といった、偽物をいかにもまともな商品に見せるキャッチコピーに騙されないようにしましょう。
ただし、街の店舗よりも通販ショップのほうが安く商品を売ることができるのには、きちんとした理由があります。実際のお店と異なり、人件費を抑えられるのが、オンラインショップの強みだからです。運営コストを削減した分を販売価格に反映させれば、低い価格設定ができるようになります。そういった事情をきちんと明示している通販サイトが、信頼できるお店の条件といえます。

【その2】正しい日本語が使われているか?

中国系の通販詐欺サイトでよくあるのが、「全体的に誤字脱字が多くて読みにくい」ということ。中国に限らず、海外の悪徳業者は日本語ならではの表記方法に慣れていません。たとえば、次のようなものです。

  • 円10,000           (正しい例→¥10,000)
  • 店舗運営責任者:花子 山田     (正しい例→山田 花子)
  • お手数料ですか、少少お待ちください (正しい例→お手数ですが、少々お待ちください)
  • 貴様にご連絡いたします       (お客様にご連絡いたします)
  • 下記の振込先まで、お願い致しますね!(下記の振込先まで、お願い致します)

また、通販サイトからのメールに「会社名が書かれていない」となると、詐欺の疑いがあります。誤字脱字以外にも、礼儀を欠いたやり取りには注意してください。

【その3】返品対応のサービスがあるのか?

偽物や不良品も取り扱う通販ショップにありがちなのが、「返品不可」という表示です。「安心」「納得」「満足」という宣伝文句にだまされないでください。もし想像していたものと違う商品が届いたときに、あなたは納得できますか?
いかにも美しい商品写真を載せて安心させようとしたり、セール情報や派手なキャンペーンで気を引こうとしていることもあるでしょう。しかし、あの手この手を使ってとにかく消費者に買わせて、商品を送ってしまえばこっちのもの。相手が現物を見てがっかりしてもなんて関係ない……本当に残念なことですが、この業界ではそういったことも珍しくはないのです。

【その4】長期保証がついているか?

返品対応だけではなく、故障などに対する保証がきちんとあるのかということも重要です。信頼できるお店ほど、長期保証によりお客様との関係を少しでも続けていたいと考えているもの。アフターメンテナンスに力を入れているお店からは、信頼性の高さが伺えます。さらに、修理に出すときの商品の往復送料も負担してくれるショップも中にはちゃんとあります。
もし保証がないと、トラブルが起きたときの問い合わせに多大なる時間を費やしてしまいます。購入後のご質問・ご要望を一切受け付けない通販サイトがあるようでしたら、見限ってしまうのも一つの手段です。

【その5】お客様の声が掲載されているか?

お客様の声はぜひチェックしてください。実際に買った人がいて、その人がどのように感じたのかは良い判断材料になります。数々の口コミに目を通しているうちに、通販サイトのこだわりも見えてきます。お問い合わせの対応が丁寧だったり、商品の梱包に真心を感じたり、スタッフのブランド時計に対する知識が豊富だったり……。

もっとも、それはすべて、サイトに掲載されているのが本当の「お客様の声」であってこそです。本当に購入した人にしか書けないような「声」でなければ、むやみに信用すべきではありません。昨今、自作自演の「やらせコメント」なども多く見受けられます。
私たちHAPPYSIDEでは、お客様が自筆によりお答えいただいたアンケート内容を、きちんと了承を得たうえでホームページ上に掲載しております。実名は出したくないお客様に、顧客満足度向上のためにイニシャルでお願いすることもあります。多くの方々に信頼してもらえるように、お客様の声を重視したお店づくりを目指しているのです。

【その6】特定商取引法の記載に住所、電話番号が記載されているか?

特定商取引法とは、「事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律」のことです。

参考サイト 特定商取引法ガイド

また特定商取引法の「広告の表示(法第11条)」によると、通販サイトの場合には、次の事項が定められています。

【第11条-5】
事業者の氏名(名称)、住所、電話番号【第11条-6】
事業者が法人であって、電子情報処理組織を利用する方法により広告をする場合には、当該販売業者等代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名

特定商取引法に基づく表記をきちんと公開しており、少なくとも住所と電話番号が分かるオンラインショップならば、信頼できるでしょう。住所を検索すれば、わざわざ現地に出向かなくても会社の存在を確認できますし、電話をかければまともな運営元なのかも判断できます。

【その7】支払い方法が銀行振込だけではないか?

支払い方法が「銀行振り込みの前払い」だけの場合、特に注意してください。しかも振り込み先が会社名義ではないばかりか、「銀行口座の名義人=通販責任者以外の知らない人」だとしたら、その店で買うことはやめたほうがいいです。入金確認がとれた段階で、商品を発送せずに音信不通になるのが悪徳業者の手口だからです。
また、世の中には「不正利用目的の銀行口座」が存在します。口座名義人が外国のものだったりすれば怪しむかもしれませんが、日本人の名前だとつい気が緩んで振り込んでしまうこともあります。後で詐欺だと分かって訴えようとしても、海外の悪徳業者に関しては日本の法律が適用されにくく、警察も動けないのが現状です。

クレジットカード払い、銀行振り込みによる後払い、代金引換(代引き)など、さまざまな支払い方法がある通販サイトを選びましょう。

【その8】独自ドメインのメールアドレスを取得しているか?

お店の連絡先がフリーメールのアドレスのときも、あまり信用できないかもしれませんね。無料で取得できるようなものは使い捨て可能であり、連絡を断つのもたやすいからです。
やはりメールアドレスは、店舗名や運営元の名前が入った独自ドメインのほうが安心できます。

【フリーメールアドレスの例】

  • Yahoo  @yahoo.co.jp @yahoo.com
  • Google @gmail.com
  • Microsoft @outlook.jp @outlook.com @hotmail.com @live.com

海外のメールアドレスも、どんなものがあるのかを念のためお伝えしておきます。

  • 網易(ワンイー) @163.com @163.net @188.com @126.com @yeah.net
  • 騰訊(テンセン、テンセント) @qq.com @foxmail.com

【その9】アドレスバーに南京錠(カギ)マークがついているか?

いまあなたがご覧になっている、この「ブランド時計マニア」のサイトアドレスを見てください。先頭か右側にも、南京錠(カギ)マークがついていませんか?また、URLアドレスは「https://~」になっていることも確認できるかと思います。このような表示があるということは、第三者機関の認証局へ申し込んで、審査を通過した証なのです。
逆に南京錠(カギ)マークがついていなかったり、「http://~」のままだったりすると、セキュリティ意識の低い会社なのかもしれません。もしくは会社としての実態がなく、ある日突然消えるか・・・。サイトのセキュリティがしっかりしているだけで、騙される心配がなくなるとは一概には言えません。ただ、信頼性の高さを証明するものではあるので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみにお探ししたところ、調査したいサイトのURLを貼り付けるだけで、関連する情報を表示する無料サービスがWeb上にありました。

参考サイト 無料オンラインサービス『aguse』

自分が興味あるサイトをどこの誰が運営しているのかを調べるのに最適であり、いちいち調べるのがどうにも面倒くさい方は、こういったツールも使ってみてはいかがでしょう。

素敵な出逢いを求めて、ブランド時計を買おう

初めて使う通販サイトでは、用心するに越したことはありません。安いからという理由だけでブランド時計を買ったら、後で取り返しのつかない後悔をしてしまいます。

「もう二度とオンラインショップなんて使わない」
「あんなに大好きだったブランド時計なのに、嫌な思い出のせいで使いたくもない」

毎日のように、そんな嘆きが聞かれることほど悲しいことはありません。
何かのお役に立てればという一心で、今回の記事はお届けしました。ぜひ、参考になさってください。


こちらの記事もどうぞ
あなたの手首の変化に気づいてくれる人はいますか?

あなたの手首の変化に気づいてくれる人はいますか?

新しいブランド時計を買ってみた。 話題のオシャレな…

コメントなし
ブランド時計はどこで買うべき?正規店・並行輸入店・中古販売店の正しい使い分けとは

ブランド時計はどこで買うべき?正規店・並行輸入店・中古販売店の正しい使い分けとは

ブランド時計に関心をおもちの方は「正規店」と「並行…

コメントなし
ブランド時計が似合う人になりたい!

ブランド時計が似合う人になりたい!

自分に似合うブランド時計が欲しい、というのは誰しも…

コメントなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。