通販でブランド時計を買って失敗したこわい話

通販でブランド時計を買って失敗したこわい話

昔は、ブランド時計を買おうと思ったら、都市部の高級店やデパートなどに出かけなければなりませんでした。たしかに、理想的なブランド時計の買い方は、「実際に現物を腕につけて、しっくりとくるもの選ぶこと」です。また、信頼できるお店かどうかも、訪れれば自然とわかります。
しかし、今ではオンラインショップが普及し、ずっと簡単・気軽にブランド時計を入手することができるようになっています。通販を利用してブランド時計を購入する場合は、少なくとも、実際に利用したことのある人たちの失敗談ぐらいは目を通しておきたいところ。
Twitterに寄せられた「通販でブランド時計を買って失敗したこわい話」を交えて、ブランド時計の賢い買い方を学んでいきましょう。

不良品や粗悪品、偽物だった

通販先によっては、安かろう悪かろうの世界が広がっています。商品が届いてすぐに不良品と気づくことができれば、まだラッキーなほうと言えます。購入してから間が空いてしまうと、返品・返金を受け付けてもらえなくなるリスクがあるからです。それに加えて、保証サポートがない通販先だと、目も当てられません。問い合わせ先と何度もやりとりをしなければならないこともあるでしょう。
とくに、偽物をつかんでしまうことがないように注意しましょう。スワロフスキーであれば、スワロフスキーのロゴがちゃんとサイトに表示され、純正ケース入りで発送してくれる通販先だと安心できます。

返金しない詐欺が起こる可能性もあり

偽ブランド時計を平気で売っている通販ショップの中には、代金だけを勝手に引き落とし、商品を一切発送しないような悪徳業者も存在します。ショップ選びを慎重に行わないと、後で痛い目を見ることになるかもしれません。交換返品保証がきちんとついているところを見つけるようにしましょう。

すぐ届くと思ったのに、待てど暮らせど届かない

Web上では「在庫あり」と書かれていても、その商品を当日や翌日に発送してくれるとはかぎりません。発送までにどのくらいの日数がかかるのか、きちんと明記していない通販サイトは、あまり信頼できないかもしれません。

想像していたものとは違っていた

きちんと返金対応をしてくれる通販サイトであっても、届いた実物を見て、がっかりしてしまうような場合があります。商品写真や宣伝文句につい心惹かれても、いきなり買ってしまうのではなく、落ち着いて商品自体や販売元を調べることが大切です。

安さに誘われて、損な買い物

ブランド時計を安く手に入れたいから、実店舗よりも通販で買うときには、商品の状態や現在の相場をきちんと調べないと、結果的に損してしまうこともありえます。
たとえばスカーゲンのモデルを買いたい場合、公式ホームページの写真を転載しているだけでなく、きちんと自店の在庫品の写真を載せているショップなら、安心できるでしょう。また、スカーゲンのような有名ブランドであれば、ブランド時計の買取専門店に聞けば相場を知ることができます。Web上の価格査定サービスを使ってみてもいいでしょう。

参考サイト

ネットで売られている時計の値段を見ると、ショップによって価格差はかなりあります。割引率が90%を超えるようなことも珍しくないし、価格は日々変化するので、初心者にとって適正価格を知ることは難しいと言えます。割引ポイントなども発行して顧客を囲い込もうとしているショップもありますので、余計に時計本体の価格がわかりにくくなってしまうショップもあります。セール情報や派手なキャンペーンに誘われて、相場を調べもせずに買うと、損をしてしまうかもしれません。

ネットに載っていたのに、在庫切れ

ネットに載っている商品は、多くの場合、「数量限定」などと表示されています。このため、「欠品により勝手に注文をキャンセルされてしまった」ということも起こります。通販先にクレームを言っても、「残念ですが、ないものはない」のひとことで済まされてしまうでしょう。人気商品を多数取り扱っている通販先ではよくあることです。
在庫数は常に流動しており、サイトに反映されるまでにはタイムラグがあります。「これが欲しい!」というブランド時計を見つけても、買おうかどうしようかと迷っている間に在庫切れになってしまうこともあるのです。

サイズが合わなかった

ケースサイズやベルトの長さがきちんと掲載されているか、ということも重要です。腕時計の仕様欄を見れば、ケースサイズやベルトの長さが書いてあります。そういった情報をユーザーにきちんと伝えているショップは信用できるでしょう。
また、買う側も、自分の手首の幅をちゃんと測っておき、チェックする癖をつけておくと、あとでがっかりしたり、面倒なことにならずに済みます。
ちなみに最適なケースサイズの目安は、メンズの腕時計では35~44mm、レディースだと26~35mmです。「手首幅に対して、6~7割のケースサイズ」を選ぶと失敗しないでしょう。

素材の触り心地までチェックできていなかった

金属のブレスレットであれば、写真でも、ある程度のクオリティの見当をつけやすいかもしれません。しかし、とくに革のベルトの場合は、写真の撮り方によって、安っぽくも高級そうにも見えることがあります。写真の見た目はきれいだったのに、届いた実物を見ると、なんとも安っぽい感じだった、というのはとてもよくある失敗です。ショップではライティングを工夫して撮影し、画像加工ソフトなども駆使して、最高の状態に見えるように加工した写真を掲載しています。自慢の商品をよく見せたいのは当然のことですから、それを責めることはできません(ただし、傷などを加工して隠しているようなウソは、問題外ですが)。
革のベルトのブランド時計を買いたいなら、レザーグッズも扱う有名ブランド「スカーゲン」のものがおすすめです。

スマートフォンの手軽さがあだになった

スマートフォンで通販ショップを見ていると、ちょっと指先が触れてしまったり、操作ミスをしただけで失敗につながってしまいます。操作ミスをするだけでなく、手軽に操作できるだけに、よく考えずに買ってしまうということもありがちです。
高価なブランド時計を購入するときには、スマホで簡単購入してしまうのではなく、できればパソコンでホームページを見て、じっくり考えながら操作するのもひとつの方法です。とくに、はじめてのショップでは、スマートフォンとパソコンの両方でチェックしたほうがいい場合もあります。

通販でブランド時計を買って失敗したこわい話 まとめ

ブランド時計に限ったことではありませんが、通販ショップでの買い物は、決済方法や配送状況、商品の状態など、さまざまなトラブルを想定して、失敗しないように注意が必要です。このため、万一失敗したと思ったときに、親切に対応してくれるようなショップを選ぶことがとても大事なのです。しかし、残念なことに、顔の見えないオンラインショップの中には、そうではない店もたくさんあるのが現状です。そんな業者にひっかかってしまったら、やり取りするのが面倒になり、何も解決できないまま、泣き寝入りすることになりかねません。
アルマーニやスワロフスキー、ツェッペリン、スカーゲンといったブランド時計は数万円からでも購入できるモデルが揃っています。お店を訪れるのは敷居が高くて気がひけるけれど、通販ショップなら、いつでも普段着でブランド時計を注文できます。有名ブランドの手頃な価格帯が揃っている、信頼できるオンラインショップを選びましょう。


こちらの記事もどうぞ
ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ブランド時計を選ぶとき、その時計を身に着けたTPOや服装までをイメージしていますか? その場の雰囲気、流行、

コメントなし
カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

大切なパートナーへの定番プレゼントのひとつが、ペアウォッチです。 ペアウォッチには「ともに、時を刻んでいこう

コメントなし
大切なのはイメージ!? 7つのシーンを想定したブランド時計の選び方

大切なのはイメージ!? 7つのシーンを想定したブランド時計の選び方

あなたは自分に合ったブランド時計を見つけることができましたか? 簡単そうに見えて、なかなかむずかしいものです

コメントなし