有名ブランド時計を作った人々のこだわり

有名ブランド時計を作った人々のこだわり

あなたがブランド時計に魅せられる理由は何でしょうか。
デザインにひと目惚れして、「よし、買おう!」と決意する人もいるかもしれませんが、メーカーやデザイナーにまつわるエピソードを知って、1社のブランドに心ひかれるようになった人も多いのではないでしょうか。
この記事では、数多くの腕時計ブランドの中から、有名かつ人気のある、アルマーニ、スワロフスキー、ツェッペリン、スカーゲンの4ブランドについて、歴史や由来、こだわりをご紹介します。
あなただけの素敵なブランド時計とめぐりあえるきっかけになれば、幸いです。

無垢でシンプルだからあらゆるシーンで活躍~アルマーニのブランド時計

ファッション業界で最も権威のあるブランドのひとつが『アルマーニ』です。
メインブランド『ジョルジオ・アルマーニ』のほか、複数の姉妹ブランドを展開しており、事業内容も、化粧品、リゾート、高級レストランなどさまざま。時計ブランドとしては、『エンポリオ・アルマーニ』という名前で業界に知れわたっています。

創立者はイタリアのファッションデザイナー、ジョルジオ・アルマーニ氏。メインブランドの名前の由来は、創立者そのものです。彼は1975年にメインブランドを立ち上げ、1979年にはアメリカ進出を果たしています。
1980年代後半には日本にも進出。伊藤忠商事と西武百貨店との合弁会社『エンポリオ・アルマーニジャパン』を設立し、1999年にはアクセサリー部門やWebサイトなどを展開するようになりました。さらに2004年、エンポリオ・アルマーニのスポーツライン『EA7』がスタート。2016年にはエンポリオ・アルマーニの商品展開を銀座タワーから東急プラザ内に移転しました。その後も国内最大級の商品展開を続け、青山店や六本木ヒルズ店、神戸店と着実にシェアを広げています。

エンポリオアルマーニの腕時計が人気なのは、次の2つの理由があります。

  • あらゆるシーンでも使えるデザイン性の高さ
  • ブランド時計なのにお手頃な値段

これらには、創立者であるジョルジオ・アルマーニ氏のこだわりが垣間見えます。

僕の生き方なんだ。冷たさを感じさせない、無垢でシンプルな、創造の礎となるものを身のまわりに置いておきたい。

(『ジョルジオ・アルマーニ 帝王の美学』レナータ・モルホ、日本経済新聞出版社)

美しい輝きをもっと身近に~スワロフスキーのブランド時計

スワロフスキーは、1895年にオーストリアのチロル州で創業したクリスタル・ガラス製造会社。設立以来、スワロフスキー社を支えてきたのは、創設者ダニエル・スワロフスキー氏によるクリスタル・カットの技術にほかなりません。彼は「誰もが手にすることができるダイヤモンド」をビジョンに掲げ、精密にクリスタルをカットする電動機械を発明しました。

具体的にどのような技術かを説明しましょう。スワロフスキーでは、「ファセットカット」と呼ばれる優れた技術を採用しています。これは小さな面を幾何学的に組み合わせたカッティング技法のことで、宝石の表面に角度の違う多数の切子面(ファセット)を持たせることで、光を屈折させ、まるで内部から輝いているようなきらめきを実現します。スワロフスキー時計の気品あふれる華やかさというのは、創設者が独自に生み出した、ほかではお目にかかることのできない製法だからなのかもしれません。
また、スワロフスキー社のガラスには、鉛(なまり)が含まれています。鉛が混ざると輝きのアクセントとなり、製品の美しさをさらに引き立ててくれるのです。

そんなスワロフスキーが手がけるブランド時計には、スワロフスキー・クリスタルが惜しげもなく散りばめられています。中には、文字盤一面にクリスタルを敷き詰めているものも。

参考商品クリスタルライン/シルバーダイアル/ホワイトレザーベルト/5295383
クリスタルライン/シルバーダイアル/ホワイトレザーベルト/5295383文字盤の約2000個のクリスタルによって施されたシルバークリスタルは圧巻のラグジュアリーさを発揮。
周りとは一味も二味も違う存在感を腕元に宿すことができます(^^)
本格派のプロダクツが好みのあなたにはうってつけのアイテム。
どんなコーディネートにも映えるクリスタルラインシリーズです。
カジュアルシーンはもちろん、ドレッシースタイルには最もはまる5295383。
ゴージャスなデザインですが、ホワイトのレザーベルトが柔和さをプラス。
おすすめです♪

装飾だけではありません。スワロフスキーの腕時計には、世界的にも評価が高いスイス製のムーヴメントが標準装備しています。スイスは、世界最古の時計ブランド『ブランパン』ゆかりの地でもあり、時計の本場ともいわれる国です。クリスタル・ガラス製造会社が腕時計の分野でも成功しているのは、高い技術力を兼ね備えているからではないでしょうか。

あなたの手元にも、伯爵が愛した飛行船を~ツェッペリンのブランド時計

ツェッペリンは、20世紀のドイツの飛行船をモチーフにした、ロマンあふれる時計です。

1900年、ドイツのフェルディナンド・フォン・ツェッペリン伯爵は、世界で初めて「硬式飛行船の飛行」を成功させました。この硬式飛行船がツェッペリンです。それまでの飛行船は軟式飛行船(ガスの圧力で外形を維持する飛行船)で、「金属や木材でできた硬式飛行船の飛行なんて不可能」と思われていました。
しかしツェッペリンの登場により、硬式飛行船の飛行は実現することが分かり、さらに高速飛行と大型化が可能になったのです。これまでの軟式飛行船では、風圧により外形が変わり、空気抵抗が大きいため高速飛行ができませんでした。また、強風にあおられると不安定になる欠点もあってか、大型化には不向きな面も。
硬式飛行船ならば外殻の支持構造をもち、空気抵抗や強風の問題を解消できます。実用的な空輸にも応用することで、人々の生活がより快適になっていきます。

その後も、次々と素晴らしい飛行船が誕生しました。1928年時点で世界最大の大きさを誇っていたとされる『グラーフ・ツェッペリン』、ラウンジやダイニングルームなどを備えた贅沢仕様の『ヒンデンブルク』などが記録に残っています。それらを再現した映画などで見たことのある方もいると思いますが、クラシックながら未来を感じさせ、ロマンを感じさせることから、今でも世界中に多くのファンがいます。

しかし、ドイツ政府によって国有化されたり、アメリカのレイクハースト飛行場でヒンデンブルグ号が火災事故を起こしたりするなどの背景から、1937年ごろに飛行船の開発は急速に衰退していったのです。

それから50年後の1987年。ドイツのミュンヘンで、新しいウォッチブランド『ツェッペリン』が誕生しました。ツェッペリン伯爵が設計した往年の飛行船をイメージし、こだわりぬいたクラシカルなデザインと品質が魅力です。ツェッペリンの時計はコストパフォーマンスに優れており、ラインナップが豊富に揃っているのも人気の秘密なのでしょう。

飾らない美しさこそ、至高のデザイン~スカーゲンのブランド時計

『スカーゲン』はデンマークの時計ブランドで、1992年にヘンリック・ヨースト、シャーロット・ヨースト夫妻によって設立されました。チーフデザイナーでもあるヨースト夫妻は、時計をはじめ、バッグやアクセサリーなどの優れたプロダクトデザインを世界に発信しています。

スカーゲンの製品には「デザインの美しさと品質の高さは、必ずしも高価である必要はない」という共通理念があります。シンプルさ・親しみやすさ・清潔感の3つをベースにして、美しさを大切にすること。そんな「モダンライフスタイルブランド」という立ち位置が、世界中の人々に評価されています。

さらにスカーゲンには、こんなこだわりがあります。

時代を超越するデザインの理念、最新のイノベーション、意志のある斬新な発想を一つにして、ウォッチ、ジュエリー、レザーグッズを生み出すことを信条としています。経験の簡素化と生活の充実感――それを実現するのが、デザイン、商品、品揃えに対する当社の取り組みです。

(SKAGEN(スカーゲン)公式オンラインストア)

デンマークを含む北欧デザインでは、「飾らない美しさ」や「共感性」が強く求められるもの。時には、「これ以上削ることができない状態こそが完璧だ」という考え方に基づいて、デザイナーらは北欧デザインを生み出していきます。

「スカーゲン」という名前の由来は、デンマークのユトランド半島北端にある街『スケーエン』です。この街の周辺では、北海とバルト海がぶつかり合い、塩分濃度の違いから二色の海が見えるとのこと。そのような美しい景色が広がり、いつしか「芸術の聖地」と呼ばれるようになりました。スケーエンで暮らす芸術家たちは、自然が生み出す神秘的な光景のおかげでひらめきが生まれ、クリエイティブなものを表現できるともいわれています。

21世紀に突入してからも、スカーゲンの勢いはとどまるところ知りません。
2004年に開催された世界最大の時計博『バーゼルフェアー』では、創設わずか12年目のスカーゲンが、腕時計ブランドとして世界第10位の知名度を獲得しました。2015年には、新作『ハーゲン』を発表。クリーンで洗練されたデザイン性に、さらなる注目が集まってきています。

有名ブランド時計を作った人々のこだわりは? まとめ

今もなお世界中から支持を得ている有名ブランドたち。
悲劇的な事故を起こしたツェッペリンの飛行船や、スワロフスキーが生み出した「精密にクリスタルをカットする電動機械」など、いずれのブランドも、順風満帆とは言いがたい歴史を歩みながらも、人々に愛され続けることで、今日の高い地位を築きあげてきました。数知れぬ人々のたゆまぬ努力や貴重な発明が、あなたが手にするブランド時計の一つひとつにはこめられているのです。

どんなに年月が経とうとも、創立当時からの伝統は大事に守り抜く。多くの人々に評価されるようになってからも、一流の有名ブランドの姿勢は変わりません。
私たちも、一度手に入れたブランド時計を、いつまでも大切にしていきたいところです。買ったときの輝きを保ち続けるためにも、日々のお手入れを怠らず、数年に一度は時計屋さんにメンテナンスをお願いしましょう。

もし、これから新しいブランド時計を手に入れようと思われている方は、ぜひ、そのブランドの歴史にふれて、どんなこだわりが秘められているのかを感じとってください。あなたにぴったりの、お気に入りのモデルを見つけてほしいと思います。


こちらの記事もどうぞ
ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ブランド時計を選ぶとき、その時計を身に着けたTPOや服装までをイメージしていますか? その場の雰囲気、流行、

コメントなし
カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

大切なパートナーへの定番プレゼントのひとつが、ペアウォッチです。 ペアウォッチには「ともに、時を刻んでいこう

コメントなし
大切なのはイメージ!? 7つのシーンを想定したブランド時計の選び方

大切なのはイメージ!? 7つのシーンを想定したブランド時計の選び方

あなたは自分に合ったブランド時計を見つけることができましたか? 簡単そうに見えて、なかなかむずかしいものです

コメントなし