知らなくても大丈夫だけど、やっぱり知っておきたいブランド時計の専門用語

知らなくても大丈夫だけど、やっぱり知っておきたいブランド時計の専門用語

ブランド時計に興味を持ち始めて雑誌やWebで情報収集を始めると、意味のわからない専門用語がたくさん出てきて、困ることがあるかもしれません。
ブランド時計についての雑誌やWebの多くは、専門用語をある程度知っている前提で書かれているものがほとんどです。
なんとなくかっこいいので、知ったかぶりをして使ってみて、人から誤用を指摘されて赤面してしまうこともあるかもしれませんね。
専門用語は、必ずしも必要なものではありません。知らなくたって、ブランド時計のかっこよさは変わりません。
でも、あえて専門用語もつかいこなせるブランド時計マニアとしてデビューしたいあなたのために、基礎的な腕時計の専門用語をまとめてみました。
知っているふりをしている人も目を通して、ぜひ正確な知識を身につければ、ブランド時計の楽しみが広がることと思います。

ブランド腕時計のデザインに関する専門用語

まず、腕時計の印象が大きく変わる「デザイン」関係の専門用語です。

ブランド腕時計のデザインに関する専門用語

バンド

腕時計のベルトのことで、ストラップとも呼ばれています。金属製のベルトを「ブレス」「ブレスレット」「メタルバンド」、革製のベルトを「革ベルト」「レザーベルト」「レザーストラップ」と呼ぶ人もいます。

バックル

バンド部分を留めるパーツです。昔ながらの穴にピンを通す「ピンバックル(尾錠:びじょう)」や、“くの字”の留め具で折りたたんで開閉する「フォールデングバックル:Dバックル」などがあります。

ムーブメント

腕時計の内部機構で、駆動をつかさどるパーツです。車で言うところのエンジンに該当します。後述しますが、ムーブメントをあえて見せるデザインのブランド時計も存在します。

ケース

腕時計の本体部分で、とくに腕時計の「顔の形」をフェイスと呼びます。
丸形はラウンド、長方形だとレクタンギュラー、四角形でしたらスクエアといった名称があります。

参考記事ブランド時計の良し悪しを決める?時計の顔「ケース」の形の選び方

ベゼル

ケース正面の外縁にあるリング状の部分。ベゼルは「枠」という意味もあり、腕時計のガラス(風防)を固定するために必要なパーツです。

ラグ

バンドとケースを連結させるための部分。ケースから上下に飛び出したパーツであり、「ホーン」「アタッチメントケース」「足」などと呼ばれています。バンドとケースが直接結びついている、ラグのないモデルもあります。

風防

時計の文字盤を覆うガラスのことです。
懐中時計などは本物のガラスを使っていますが、破損しやすいのが難点です。そのためブランド時計では、サファイアクリスタルなどの美しくて割れにくい素材が好まれています。

ブランド腕時計の「時刻表示」に関する専門用語

腕時計のメイン機能である時刻表示に関しても、さまざまな専門用語があります。

ブランド腕時計の「時刻表示」に関する専門用語

ハンド

時刻を表示する針のことです。ブランド時計では、短い針を「時針」、長い針を「分針」と呼びます。

2針(しん)

時針と分針の2つの針で時刻を表示する方式です。文字盤をよりシンプルで洗練された印象に仕上げることができます。

3針(しん)

時針、分針、秒針の三本の針を持つ時計のことです。ビジネスシーンなど、正確に時間を把握したいときに役立ちます。

ダイアル(ダイヤル)

文字盤のこと。文字盤の色によって、ホワイトダイアル、ブラックダイアル、ブルーダイヤルなどと呼び名が変わります。

インデックス

文字盤に配置される目盛や数字を指します。表記方法によって、「アラビアンインデックス(1,2,3,4……アラビアン数字)」「ローマンインデックス(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ.Ⅳ……ローマン数字)」「バーインデックス(│)」、「ドットインデックス(・)」などと区別されます。

リューズ

腕時計の横にある「つまみ」部分のことです。竜頭、リュウズ、クラウンとも呼ばれ、ゼンマイを巻き上げたり、時刻や日付などを操作したりできます。

カレンダー

腕時計の日付表示機能のことです。年に一度だけ日付を手動で変更する「アニュアルカレンダー(アニュアル:年1回の~)」、4年に一度のうるう年の調整も自動的に行う「パーペチュアルカレンダー(パーペチュアル:永久の~)」などがあります。

カジュアルシーンのブランド腕時計の専門用語

日常生活でより使いやすくなるような、知っておくと便利な専門用語です。

カジュアルウォッチ

学生であれば普段使いに、社会人には仕事がお休みのときに着けたくなるモデルです。カラーやデザインも豊富で、気分によって何本か使い分けるのもお勧めです。

ビッグデイト

日付を大きく見せる機能が付いた腕時計のこと。1から3までの10の位と、0から9までの1の位を別々に2枚のディスクを使って表示しています。「グランドデイト」「グランデデイト」「グランギシェ」「ダブルウィンドウ」とも呼ばれます。

日常生活防水

3気圧防水(30m防水)の腕時計を指します。顔を洗ったり、雨に濡れてしまったりしても問題ありません。ただし、水仕事はNGです。

関連記事ブランド時計の「防水機能」数値の考え方

スモールセコンド

秒針が、時針や分針のある「中心軸」から離れた位置に配置されているもの。秒針だけが独立して小窓に表示されることで、パッと見たときに時刻を確認しやすくなります。

夜光塗料

文字盤や針に夜光塗料が塗布され、暗い場所でも簡単に文字盤を確認できます。数年経過すると本来の機能が損なわれますが、もう一度塗り直すとその効果を発揮するといわれています。

耐磁機能

腕時計の心臓部であるムーブメントに電子機器を近づけると、磁気を帯びてしまい、正常に機能しなくなります。そのため、磁力を吸収しやすい軟鉄ケースなどでムーブメントを包み込む必要が出てきます。

関連記事これからのブランド時計には、耐磁性能が必要となるのか

スポーツシーンのブランド腕時計の専門用語

腕時計を身に着けながらランニングなどをするアクティブな方なら、ぜひ知っておきたい専門用語です。

スポーツシーンのブランド腕時計の専門用語

スポーツウォッチ

衝撃に強く、機能性に優れた腕時計です。防水性にも優れていますので、ブランド時計選びで迷ったときにまず手にとってみてはいかがでしょう。

クロノグラフ

ストップウォッチ機能のこと。1分計、30分計、12時間計など、モデルによって機能が異なります。

プッシュボタン

クロノグラフを操作するためのボタン。一般的に、2時位置と4時位置に2つのボタンが設置されています。作動中にスタートボタンを押すとストップし、ストップ中に4時方向のボタンを押すとリセットとなります。

インダイヤル

ダイヤル上に配された小さな文字盤のこと。クロノグラフ機能のあるブランド時計に搭載されやすく、「カウンター」、「レジスター」、「サブダイヤル」とも呼ばれます。

スプリットセコンド

高級クロノグラフウォッチに採用される機構です。通常のクロノグラフ機能を使いながら、ラップタイムを計測できます。

タキメーター

クロノグラフの時計で、文字盤の外周(ベゼル部分)に備えられている目盛りのこと。平均時速を調べるために存在しており、何回も同じ作業をする場合、その作業の1回あたりの時間を計測できます。

デュアルタイム

文字盤に、独立した2つの時間表示をもつ時計です。モデルによっては、デジタルとアナログで別々に表示させることもできます。

フォーマル&ラグジュアリーなブランド時計の専門用語

パーティーや冠婚葬祭などでブランド時計を腕元に添えたいときには、以下の専門用語を覚えておきましょう。

ドレスウォッチ

実用性よりもデザイン性を重視したブランド時計を指します。ドレスウォッチの基本は薄型の2針であり、繊細な装飾が施されたもの。フォーマルな服装に合わせやすいでしょう。

スイスメイド

製造、組み立て、検査までの全てをスイスで行われた時計です。品質と信頼性の証とされています。

ムーンフェイズ(月齢表示)

文字盤上の小窓に出てくる“月”の形が、その日に実際に出る“月の様子”を表してくれる機構です。ユニークなデザインであり、機械式時計の醍醐味といえます。

関連記事価格に見合う価値あり!ブランド時計の複雑な機構

スケルトンウォッチ

時計の内部構造がガラス越しに見えるモデルです。「スケルトン」「メカニコ」「オープンハート」といったブランド時計では、歯車部分のムーブメントを覗き見ることができます。

シースルーバック

本体裏側がガラス張りになっているモデルです。ホコリや故障などを、ふたを開けずに見つけられるでしょう。

サテン仕上げ

時計のケースやベルトに施される表面仕上げの一種で、いわゆるツヤ消しのことです。レザーベルトにサテン仕上げをすれば、独特の渋い光沢感を演出することができます。

サファイアクリスタル

購入時の輝きを保てることから非常に高い人気を誇るガラスです。少しこすった程度ではもちろん、建築工具のような固い金属でこすったとしても傷がつきにくいといわれています。

関連記事ブランド時計の素材は何がおすすめ?こだわりたい人が知っておくべき6つの素材

専門用語を知っていると生まれる、新たな気づき

今回ご紹介した用語は、専門用語の基礎的なものです。奥の深い世界ですので、専門的な用語はまだまだたくさんあります。新しいモデルが登場するたびに、流行ワードなども飛び交うでしょう。
でも、知らない言葉の意味がひとつわかるだけで、ひとつ世界が広がるような気持ちになります。スポーツウォッチにはあまり興味がなかったけれど、クロノグラフというものが何かわかると、クロノグラフ機能付きのモデルがちょっと気になりはじめたりしますよね。
少しずつ興味の幅が広がり、お気に入りのブランド時計を見つけていただけばうれしく思います。


こちらの記事もどうぞ
ブランド時計マニアなら知っておきたい、機械式時計の代えがたい魅力

ブランド時計マニアなら知っておきたい、機械式時計の代えがたい魅力

ブランド時計マニアを自任する方なら、やっぱり心が躍るのは「機械式時計(メカニカルウォッチ)」。新作モデルが続

コメントなし
ツェッペリンの腕時計ってどうかな?と迷ってしまったあなたのために、その魅力を語り倒します!

ツェッペリンの腕時計ってどうかな?と迷ってしまったあなたのために、その魅力を語り倒します!

ツェッペリンの腕時計って、周りからどう思われているのだろう。 ドイツミュンヘンで誕生したウォッチブランド『ツ

コメントなし
ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ブランド時計を選ぶとき、その時計を身に着けたTPOや服装までをイメージしていますか? その場の雰囲気、流行、

コメントなし