ドイツか、スイスか、デンマークか?ブランド時計の国別選び方

ドイツか、スイスか、デンマークか?ブランド時計の国別選び方

ブランド腕時計が欲しい! でも、たくさんあって、どれを選ぶべきか迷ってしまいますよね。
そんな人にお勧めしたいのが、各国の時計メーカーを比べてみることです。
メーカーの国を選ぶのは、ある意味、“流派”を決めるようなものだからです。
「シンプルなブランド時計」とひと口に言っても、飾り気や無駄を徹底的に削ぎ落としているメーカーもあれば、すっきりとしているのによく見ると緻密な機構が組み込まれているメーカーもあります。
今回は、人気の高い「シンプルながらも精巧なデザイン」をテーマに、ドイツ時計・スイス時計・デンマーク時計の三大メーカーの“流儀”をご紹介したいと思います。
どのブランド時計も、フォーマルシーンでも、カジュアルシーンでも使えるモデルですから、漠然とブランド時計を探しはじめる前に、本記事を参考にしてみてください。

クラシカルなデザインに、達者でたくましい格好良さ!ドイツ時計

古くからドイツでは時計製作が盛んでした。実用的な機構、そして一生をかけて愛したくなるほどの美しさ。その両方を追い求め、腕時計好きから高い評価を獲得している国のブランド時計です。

【時計の歴史年表(ドイツ)】
1504年頃 ピーター・ヘンラインが鉄製懐中時計をつくる
1652年  ハンス・ブッシュマンが一ヶ年巻きぜんまい時計をつくる
1730年  アントン・ケットラーがカッコウ時計(鳩時計)を考案
1990年  世界初の標準電波を利用した電波修正腕時計が発売される

懐中時計や鳩時計は、今ではあまり見かけなくなってしまいましたが、当時からすれば実用的な機構であったに違いありません。
たしかな技術力と歴史に裏打ちされたドイツ時計のモノ作りは、ブランド時計マニアの間では「質実剛健(飾り気がなく真面目で、たくましいこと)」と評されます。

さて、ドイツのブランド時計と言えば、1987年にミュンヘンで創業した『ツェッペリン(ZEPPELIN)』が有名です。

7680-1/100周年記念モデル/メンズ/42mmフェイス/アイボリーダイヤル/ブラウンレザー
7680-1/100周年記念モデル/メンズ/42mmフェイス/アイボリーダイヤル/ブラウンレザー

断トツの人気を誇るレトロ感満載の100周年記念シリーズ♪
販売価格:32,800円(内税)
この時計を詳しく見る

ドイツが誇る飛行船” ZEPPELIN号”をイメージした、クオリティ第一主義のブランド時計です。文字盤は柔らかなアーチを描き、カラーは飛行船の機体にかぎりなく近いものになっています。伝統的な装いを強調するために、手作業の工程を多く取り入れるなどの工夫も凝らされています。
ハイレベルなデザインが世界中に評価され、現在ではヨーロッパやアメリカなど世界各国で愛されているメーカーです。

ツェッペリン時計の魅力については、次の関連記事で詳しくお伝えしています。

関連記事  ツェッペリンの腕時計ってどうかな?と迷ってしまったあなたのために、その魅力を語り倒します!

時代に左右されずに王道を突き進む、スイス時計(スイスメイド)

高級腕時計の世界で圧倒的な存在感をみせるのは、やはりスイスです。
なぜなら、数百年にわたり受け継がれた職人の技術と、果敢な業界再編と高級志向のブランディング力があるからです。

【時計の歴史年表(スイス)】
1776年 ストップウオッチの原型発明される
1780年 ルイス・レコルドン及びブルゲーが自動巻懐中時計をつくる

日常生活でよく目にする「ストップウォッチ」というのは、じつはスイスの時計職人らによる賜物です。さらに自動巻き懐中時計や、現在時刻を鐘の音で知らせる「ミニッツリピーター」、重力を平均化させて時計の時差をなくす「トゥールビヨン」など、超複雑機構を考案する偉人たちがスイスに集まっています。

関連記事 価格に見合う価値あり!ブランド時計の複雑な機構

しかし、電池を使う便利なクォーツ式腕時計が市場に現れてからは、スイスメイドの注目度に陰りが見えはじめます。そこでスイスは歴史的なブランドネームを続々と復活させ、「腕時計をステータス性の高い“嗜好品”として売る」という戦略に出ました。最新電子技術に移行するのではなく、あえて伝統のスタイルを守り抜いたわけです。このブランド戦略が見事に的中し、今もなお、「スイスメイドは伝統的な高級腕時計」というイメージが世界中で認知されています。

エンポリオアルマーニ腕時計/メンズ/ARS1010/ブルーダイアル/スイスメイド/スモールセコンド
エンポリオアルマーニ腕時計/メンズ/ARS1010/ブルーダイアル/スイスメイド/スモールセコンド

高級素材のサファイアクリスタルを採用し、スネーク調のレザーベルトと、艶のあるブルーダイアルで高級感を醸し出す一流モデル♪
販売価格:99,800円(内税)
この時計を詳しく見る

徹底的なシンプルを追求した、デンマーク時計

冒頭に、例として「飾り気や無駄を徹底的に削ぎ落とすメーカー」と書きましたが、これは『スカーゲン(SKAGEN)』をはじめとするデンマーク時計です。

デンマークの最北端には海に囲まれた美しい街があり、「芸術の聖地」とも呼ばれています。北海とバルト海がぶつかり合い、塩分濃度の違いにより二色の海が見えます。日頃から神秘的な光景を目の当たりにする時計師たちは、飾らない美しさこそ至高というメッセージを自らの時計にこめているのかもしれません。

関連記事 有名ブランド時計を作った人々のこだわり

シンプルで、親しみやすく、清潔感にあふれたデンマークデザインは、現代の生活の中でますます注目を浴びています。「シンプルで自分らしくいたい」というモダンライフスタイルを大切にする人に、デンマーク腕時計をお勧めします。

使い勝手の良さならドイツ時計、高級志向ならスイス時計、洗練されたデザインならデンマーク時計!

いかがですか。「シンプル」というたった4文字の言葉にも、さまざまな解釈がありますよね。「簡素」「単純」というだけにとどまらず、「美しさ」や「便利さ」、「格好良さ」といったキーワードも派生することがおわかりいただけたかと思います。
あなたが思い描く「シンプル」とは、一体どんなものでしょうか。
自分に合ったブランド時計を追求するために、漠然としたイメージをつきつめて、最良の時計を選んでほしいと思います。


こちらの記事もどうぞ
ブランド時計マニアなら知っておきたい、機械式時計の代えがたい魅力

ブランド時計マニアなら知っておきたい、機械式時計の代えがたい魅力

ブランド時計マニアを自任する方なら、やっぱり心が躍るのは「機械式時計(メカニカルウォッチ)」。新作モデルが続

コメントなし
ツェッペリンの腕時計ってどうかな?と迷ってしまったあなたのために、その魅力を語り倒します!

ツェッペリンの腕時計ってどうかな?と迷ってしまったあなたのために、その魅力を語り倒します!

ツェッペリンの腕時計って、周りからどう思われているのだろう。 ドイツミュンヘンで誕生したウォッチブランド『ツ

コメントなし
ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方、5つのコツ

ブランド時計を選ぶとき、その時計を身に着けたTPOや服装までをイメージしていますか? その場の雰囲気、流行、

コメントなし