もう迷わない!ブランド時計のケースサイズの選び方

もう迷わない!ブランド時計のケースサイズの選び方

ブランド時計の購入を検討しはじめた人がよくぶつかるのが、ケースの問題です。
「どのくらいのケースサイズがいいのかな?」と迷ってしまいますよね。
ケース径とは、「リューズ(小さなツマミ)を除いた、時計の横の直径」のこと。36mmや40mmなどと表示されています。メーカーによっては縦幅を計測する場合もありますが、主流は横幅です。

ケースは、腕時計の本体部分そのものですが、理想のケースサイズは、一概には決められません。
ブランド時計もファッションアイテムの一種であるため、その時代時代の流行りがあります。
1990年代後半には、「デカ厚ブーム」がありました。この頃、注目を浴びていたのは45mm以上のケースです。
昨今では「40mmくらいがちょうどいい」という意見に落ち着きつつありますが、今後は、ユニセックスで、かつ小ぶり、カジュアルな36mmのケースがスタンダードになるとも言われています。
本記事では、そんな流行に左右されない、自分に合ったケースサイズの選び方を紹介しましょう。

【手首幅】から最適のケースサイズを知る方法

パッと見たときに、大きすぎず、小さすぎないケースの大きさは、次のとおりです。

・男性・・・35~44mm
・女性・・・26~35mm

この数値は「上から見たときの手首幅の6~7割」を目安としています。
試しに、ご自身の手首幅を測ってみてください。おそらく、以下のような値に収まるかと思います。

(上から見たときの日本人の手首幅)
・男性・・・50~70mm
・女性・・・40~50mm

初めてブランド時計を買う人も、ほんの数秒で調べられますので、まずは手首幅を確認してみましょう。

【手首周り】から最適のケースサイズを知る方法

手首幅ではなく、「手首周り」からでも標準的なケースサイズを確認できます。その場合、数値の2~3割のケースサイズを選びましょう。

(日本人の手首周り)
・男性・・・160~175mm
・女性・・・140~160mm

(標準的なケースサイズ)
・男性・・・35~44mm
・女性・・・26~35mm

私たちHAPPYSIDEでは無料のベルト調整を承っております。ご購入時に「腕周り○○cm」と記入するだけでOKですので、ぜひご相談ください。
手元にメジャーがなかったり、測り方がわからないときは、下記をご覧ください。

参考サイト ベルト調整の下準備♪腕周りの測り方|アルマーニサイド

「家にメジャーがない!」という方でも、A4サイズのコピー用紙、はさみ、定規、ペンの4点セットがあれば、手首周りを測ることができます。

実物でケースサイズを比較してみよう!

36mmや45mmと言われても、ブランド時計を買い慣れていない人からすると、なかなかピンときませんよね。そこで、ここではラウンド(丸型)タイプの腕時計を、ケースサイズ別に比較していきます。

26mm スカーゲンの場合

レディース/358SSSD/シルバーダイアル/クラシック/クリスタルドット/シルバーステンレスベルト

28mm スワロフスキーの場合

【2018年新作】バーガンディダイアル/バーガンディレザーベルト/5376839/ステラ

30mm スカーゲンの場合

レディース/SKW2472/ホワイトダイアル/アニタ/ブラウンレザーベルト/クリスタルドット

36mm ツェッペリンの場合

ツェッペリン腕時計/ヒンデンブルク/7039-1/36mmフェイス/ムーンフェイズ/シルバーダイヤル

38mm スワロフスキーの場合

シトラ/ホワイトダイアル/ホワイトレザーベルト/5027127

40mm ツェッペリンの場合

ツェッペリン腕時計/ヒンデンブルク/7060-4/アイボリーダイヤル/ブラウンレザー/自動巻き/パワーリザーブ

42mm アルマーニの場合

エンポリオアルマーニ腕時計/メンズ/AR0673/ブラックダイアル/クラシック/クロノグラフ

44mm アルマーニの場合

エンポリオアルマーニ腕時計/メンズ/AR6131/ブラックダイアル/シグマ/クロノグラフ

46mm アルマーニの場合

エンポリオアルマーニ腕時計/メンズ/AR6073/シルバーダイアル/スポーツ/クロノグラフ

いかがでしょうか?
ケースサイズが小さくなるほど、上品さや可愛らしさが際立ちます。
36mmあたりになると、男女問わず、デザインや機能性を重視して選びやすくなります。
40mmよりも大きくなれば、見た目のインパクトがあり、力強さや重厚感を楽しめるでしょう。

大きさの好みは、人それぞれ

上でもお伝えしたように、基本的には「手首幅の6~7割」のケースサイズをお勧めします。
とはいえ、ケースの厚みや個々の価値観なども関わってきますので、必ずしも「手首幅の6~7割」に当てはまるとはかぎりません。

ある男性の意見

ある女性の意見

ほかにも、スーツや長袖シャツを着用する場合、ケース径35~37mmがスマートに見えるという声も挙がっています。また、海外モデルのブランド時計は日本人向けにデザインされておらず、ケースサイズが大きい傾向にあるとも言われています。

ケースサイズの業界用語

お店によっては、ケースサイズを以下の3つの区分で説明する場合があります。
ただ、男性目線の基準ということもあり、現代向けの用語ではないのかもしれません。

ボーイズサイズ(ミッドサイズ、ユニセックスサイズ)

ケース径32~36mmのブランド時計を指します。
レディース腕時計よりも一回り大きく、「メンズとレディースの中間」という位置づけです。
細身で腕が細い男性や、スポーティーな女性に似合うとされています。

スタンダードサイズ

ケース径40~44mmの腕時計を、スタンダードサイズと呼ぶことがあります。
きっちりとした印象を与えてくれる大きさであり、ビジネスシーンにぴったりです。

ビッグサイズ

ケース径45mm以上のモデルが、ビッグサイズに該当します。
華やかなラグジュアリータイプや、アクティブなイメージの強いスポーツタイプのブランド時計に多く見受けられます。

腕時計のケースサイズには明確な定義がなく、ブランドや店舗ごとに独自のルールを設けているのが現状です。HAPPYSIDEでは、可能なかぎり、メンズ・レディース別の商品カテゴリを設けております。その中でもさらに、人気モデルやクラシック、スポーツタイプ、スマートウォッチなど、お客様の用途に合わせたご案内をいたします。

関連記事
人気ランキング発表!みんなが選んだブランド時計は!?
スマートウォッチとブランド時計

ケースサイズの違いが分かると、ブランド時計選びがもっと楽しくなる

「ケース径38mm? あー、スワロフスキーのシトラ(CITRA)と同じ大きさね」
ケースサイズを意識していれば、そんなマニアっぽいセリフをつぶやけるほど、ブランド時計に詳しくなれるかもしれませんね。
1mm単位の違いが分かれば、ブランド時計マニアと胸を張れますし、ようやく手に入れたお気に入りの腕時計にも、より愛着が湧くでしょう。
自分に合った、理想のケースサイズを見つけたい。
もしそういったご要望がありましたら、ブランド時計を買う前に、一言でもご相談ください。お客様が納得のいくまで、私たちHAPPYSIDEがサポートいたします。


こちらの記事もどうぞ
カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

カップルや夫婦、そしておひとりさまでも、ペアウォッチを買わないのは損である理由

大切なパートナーへの定番プレゼントのひとつが、ペア…

コメントなし
大切なのはイメージ!? 7つのシーンを想定したブランド時計の選び方

大切なのはイメージ!? 7つのシーンを想定したブランド時計の選び方

あなたは自分に合ったブランド時計を見つけることがで…

コメントなし
あなたの手首の変化に気づいてくれる人はいますか?

あなたの手首の変化に気づいてくれる人はいますか?

新しいブランド時計を買ってみた。 話題のオシャレな…

コメントなし