「秋冬」は腕時計もおしゃれに着こなしたい季節

「秋冬」は腕時計もおしゃれに着こなしたい季節

ブランド腕時計は、1年を通じて楽しめるファッションアイテムですから、季節ごとに腕時計を変える人はそんなに多くないかもしれません。
でも、衣替えの季節になったら腕時計も合わせて衣替えをしてみたくなりませんか。オシャレな人なら、季節ごとに映える時計が異なることをちゃんと知っています。
猛暑に苦しんだ夏ももう終わります。
今回は、もうそこまで来ている「秋冬」を念頭に、腕時計を選ぶときのポイントとアイディア、そして秋冬におすすめの腕時計4本を紹介します。

秋冬向きの腕時計を選ぶポイントとは

さて、「秋冬に向けた腕時計」というと、どのようなデザイン・機能の腕時計をイメージしますか?
服で考えると、春夏と比べて重ね着が多くなり、手首の露出が減る季節ということが言えるでしょう。
そんな秋冬だからこそ身につけたい腕時計選びのポイントを見ていきましょう。

秋冬の腕時計選び① 暖色カラー選ぶ

もこもこ素材のニットや、ぶ厚いコートを身にまとう秋冬。
腕時計にも、ほっこりできる「暖色カラー」を選んであげるのがポイントです。
ブルーの文字盤の腕時計が爽やかな印象を与えるように、ブラウンやウッドの文字盤なら「温もりを感じるやわらかい印象」を与えてくれるでしょう。
秋冬は、長袖で腕時計が隠れているからこそ、チラ見えしたときの印象がけっこう大きいんです。
チラッと腕時計が見えたときに、季節感がぴったり合ったものを身につけていたら、カッコよく決まりそうです。

秋冬の腕時計選び② 大ぶりデザインを選ぶ

秋冬は服のシルエットも変わります。ニットや分厚いアウターなど、ダボっとした大きめの服を着ることが多くなりますよね。
そんな秋冬は、「ちょっと大きすぎるかな?」と思うくらい大ぶりデザインの腕時計を、おしゃれに着用するチャンスです。
大ぶりで存在感のある腕時計なら、洋服の一部として同化することなく、しっかりと目立たせることができます。
腕を露出する夏だと大きすぎて似合わなかった腕時計や、購入したいけど「大ぶりのサイズ感」が心配な腕時計は、ぜひ秋冬に試してみてくださいね。
きっと上手に着けこなせるはずです!

ポイント③レザーベルトを選ぶ

腕時計のベルトといえば、大きく分けて「レザータイプ」と「メタルタイプ」の2つが人気ですよね。
腕時計は文字盤が一緒でも、ベルトを取り換えるだけでガラッと印象が変わるので、2種類のベルトをシーンや気分で変えて楽しんでいるという人も多いのではないでしょうか?
そんなベルトですが、秋冬に身につけたいのは圧倒的に「レザータイプ」。
やわらかい印象のレザーベルトは、秋冬ファッションとの相性が抜群です。
また、腕時計を身につけたときの「感触」という面でも、ベルトの方がいいでしょう。
というのも、ベルトや文字盤が金属のものをチョイスしてしまうと、寒い日には、ひんやりとした感触が気になってしまうかもしれません。
また、秋冬は夏と比べて汗をかきにくいので、レザーベルトを傷めてしまう心配もないので安心です。
夏にはゴツくてスポーティーな腕時計が身につけたくなるように、秋冬は自然とレザーベルトの腕時計を選びたくなるという心理も働いているのかもしれませんね。

関連記事 ブランド時計のベルトは金属か革か?迷ったら読んでほしい4つのポイント

腕時計を使った秋冬コーディネートアイディア

続いて、秋冬コーディネートに「腕時計」を取り入れるときのポイントを紹介します。
手首が洋服で隠れてしまう季節でも、ポイントを抑えて腕時計を使ったおしゃれを思う存分楽しみましょう!

腕時計の秋冬コーデアイディア① ニットの袖から「チラ見え」したときのワンポイントに

秋冬といえば長袖。
「せっかく腕時計をしても、どうせ見えないのでは?」
そう思う人もいるかもしれませんね。
でも、真冬でも手首があらわになるシーンは意外と日常生活にたくさんあります。
暖房で温かい室内では腕まくりをする人も多いですし、ものを取ろうと手を伸ばしたり、キーボードを打つときなどには、袖から腕時計がチラ見えしているはずです。
腕時計が常時視界に入る夏場よりも、人の目にふれる時間が少なくても、少ないからこそ、チラリと見えたときの印象は相対的に強くなります。
とくに、シンプルなニットコーデには、温かみのある腕時計がワンポイントになること間違いなし。
「さりげないオシャレ」を楽しみたい人は、ニットの下にお気に入りの腕時計を着用してみましょう。

腕時計の秋冬コーデアイディア② 長袖の上から着用

長袖で時計が隠れると、人から見えないだけでなく、自分自身、いちいち袖をまくって時間を見なければならなくなるからイヤ、という人もいると思います。
そんな人は、ニットやセーターなど、長袖の上から着用するのもおすすめです。
ニットとの相性を考えて腕時計を選べば、結構楽しいと思います。
男性だと抵抗のある人もいるかもしれませんが、ファッションや腕時計の着用方法に決まりはありません。自分の快適さを優先して着用しましょう。

関連記事 ファッションアイテムとしてのブランド時計の選び方

秋冬におすすめのメンズ腕時計

それでは、秋冬のおしゃれに追加したいメンズ腕時計の商品例を見ていきましょう。
まだ、寒い季節にぴったりな腕時計のイメージが湧かない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

7656-3/グラーフツェッペリン/自動巻き/ブラウンダイヤル/ブラウンレザー/クロノグラフ/デイト
7656-3/グラーフツェッペリン/自動巻き/ブラウンダイヤル/ブラウンレザー/クロノグラフ/デイト

洗練された腕元を演出!
ビンテージ感のあるブラウンの文字盤とベルトがおしゃれな1本。
深み・温かみのあるブラウンなので、秋冬にぴったりです。

販売価格:39,800円

ムーブメント:クオーツ(自動巻き)/防水:5気圧防水(日常生活防水)/
ケース直径:約41mm/ケース厚:約13mm/バンド幅:約20mm/重さ:約65g

この時計を詳しく見る


メンズ/SKW6304/ホワイトダイアル/ブラウンレザーベルト/メルビー/バーインデックス
メンズ/SKW6304/ホワイトダイアル/ブラウンレザーベルト/メルビー/バーインデックス

シンプルだけど個性的な1本!
一見とてもシンプルだけど、よく見るとケースとレザーバンドのつなぎ目のデザインが個性的でオシャレな1本。
温かみのあるブラウンベルトが、秋冬ファッションのポイントとなること間違いなしです。
販売価格:17,600円

ムーブメント:クオーツ(電池式)/防水:5気圧防水(日常生活防水)/
ケース直径:約40mm/ケース厚:約7mm/バンド幅:約26mm/重さ:約40g
この時計を詳しく見る

秋冬におすすめのレディース腕時計

続いて、秋冬におすすめのレディース腕時計の商品例を見ていきましょう。
今の季節の腕時計選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

レディース/SKW2488/ホワイトダイアル/クリスタルドット/バーインデックス/ブラウンレザーベルト/ローズゴールドケース
レディース/SKW2488/ホワイトダイアル/クリスタルドット/バーインデックス/ブラウンレザーベルト/ローズゴールドケース

明るいブラウンとクリスタルドットが素敵!
腕元に温かみを演出してくれるブラウンのレザーベルトと、シンプルだけど上品さを忘れない文字盤が素敵な1本。
ニットの袖からチラ見えさせるのはもちろん、タイトなニットの上から着用するのも可愛い、秋冬にたくさん使いこなせます!

販売価格:19,800円

ムーブメント:クオーツ(電池式)/防水:5気圧防水(日常生活防水)/
ケース直径:約34mm/ケース厚:約7mm/バンド幅:約16mm/重さ:約29g

この時計を詳しく見る


エンポリオアルマーニ腕時計/レディース/ARS7005/シルバーダイアル/スイスメイド
エンポリオアルマーニ腕時計/レディース/ARS7005/シルバーダイアル/スイスメイド

女性らしいエレガントさを演出できる1本!
ベージュのベルトとシンプルな文字盤がとってもエレガントな腕時計です。
腕元に身につけるだけで、一気に女性らしさと上品さを演出できます。
また、シーンを問わないデザインも魅力的です。

販売価格:99,800円

ムーブメント:クオーツ(電池式)/防水:3気圧防水(日常生活防水)/
ケース直径:約28mm/ケース厚:約8mm/バンド幅:約14mm/重さ:約60g
この時計を詳しく見る

重ね着が多くなりがちな季節でも「腕時計」は楽しめる

寒くて重ね着が多くなる季節は、「温かみのあるカラー・レザーベルト」や「大ぶりデザイン」を選ぶのがおすすめ。
春夏とファッションがガラッと変わる秋冬。
衣替えの時期に合わせて腕時計も新調してみませんか?
この記事で紹介したポイントとおすすめ商品例を参考に、秋冬の腕時計選びを楽しんでみてくださいね。


こちらの記事もどうぞ
「秋冬」は腕時計もおしゃれに着こなしたい季節

「秋冬」は腕時計もおしゃれに着こなしたい季節

ブランド腕時計は、1年を通じて楽しめるファッションアイテムですから、季節ごとに腕時計を変える人はそんなに多く

コメントなし
がんばった自分にブランド腕時計のご褒美を!

がんばった自分にブランド腕時計のご褒美を!

「うん、今月の私はすごくがんばったよ~!」 仕事や勉強、そして家事など、忙しい中でがんばった自分にご褒美をあ

コメントなし
男性の腕時計に女性がときめく5つの瞬間

男性の腕時計に女性がときめく5つの瞬間

男性にとって、腕時計は最高のアクセサリーといえます。 ビジネスシーンではもちろん、プライベートでも毎日つける

コメントなし